How Low Can You Go?:ホットロッドの着地スタイル | 小金井オフ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

How Low Can You Go?:ホットロッドの着地スタイル | 小金井オフ

rustrod_1.jpg

Builder: 最澄

 レゴでなら古いスタイルの車だって作ることができます。最も古典的なホットロッド文化はレゴでも定番のビルドジャンルです。



 車好きではなくとも、レゴをやっていればホットロッドというワードは見たことがある人が多いと思います。過去において何度もレゴのテーマとなってきたカーカルチャーです。しかし昨年のHot Minifig Ridesではホットロッドにあたる車のエントリーはごくわずかでした。そんな残念だった4幅車シーンを変えたくて今年はあえてベスト・ホットロッド・アワードを用意しました。そして今年のHMRに現れたこの車がそのアワードをさらっていきました。

rustrod_2.jpg

 ボディカラーはブラウン、そしてドアだけがダークグリーンとなり、ラスティ(錆)な仕様をイメージさせます。フロント車軸はグリルよりも前に配置され、その車高は水平なまま着地しそうなほどローダウンされています。フロントウィンドウは2プレートという薄さで、大幅にチョップされたルーフを再現しています。一目見てこれが最も「アツい」1台だと感じました。ホットロッドは古典的なスタイルでありながら、今でも変化を続けているジャンルです。現在ではこうした古い形の車でもエアサスで着地させるものが増えています。また綺麗にペイントするのではなく、ラフなボディのまま仕上げている辺りも今の時代に受けそうな仕様です。そうした今のトレンドを取り入れたカスタムカーは一段と説得力を増して、細部まで人の注目を集めます。

rustrod_3.jpg 
 後ろにはエアサス用の空気タンクが付いているようです。ディテールの作り込みも素晴らしいですが、ボディスタイルとタイヤのバランス感覚が特に良く、ただ低いだけではなく格好いいスタイルになっています。ペグ穴ホイールの飾り気のないデザインもこの車にはぴったりでしょう。後輪はスリックタイヤにバイクタイヤを重ねた高扁平なものに、フロントは8mm用のタイヤを引っ張って11mmホイールに履かせています。溝のある無骨なデザインが車の雰囲気も変えています。

rustrod_4.jpg

 写真はHMRプリゲームが行われた小金井オフのものです。オールジャンルな車が集まるミーティングで、ホットロッドは車の世代の幅を大きく広げてくれます。古き良きホットロッドが4幅でもっと熱くなっていくことを願います。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/655-c990702a