Catch You:スーパーポリスカー | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Catch You:スーパーポリスカー | HMR

superpolice_1.jpg

Builder: Lime

 スーパーカービルドが最近にわかに盛り上がりつつあります。4幅スーパーカーの歴史にまた新たなページが加わった瞬間です。



 去年のHot Minifig Ridesではフェラーリが一つのキーワードでしたが、今年のエキゾチックな4幅車はもっとバラエティに富んだものになりました。ボディを低く、ワイドにするテクニックが進化し、エッジの効いたスーパーカーのエントリーが目立ちました。今年の傾向は実車再現ではなく、オリジナルのスーパーカーが多かったことです。
 5幅ワイドボディはトレンドになりましたが、最初のベスト・エキゾチック・アワードに選んだ車は「少し」他の車とは違うロジックで組まれていました。

superpolice_2.jpg

 スピードチャンピオンズのキャノピーは今年からいっきにトレンドに入ってきたパーツです。曲面のあるウィンドウは従来の4幅風防パーツにはないラインを描くことができます。この新しいキャノピーをさらに斜めに取り付けているので特にフレッシュな格好よさがありました。ボディサイドはテクニックパネルがあてられ、車全体にアールとエッジが効いたエキゾチックな雰囲気になっています。現在の標準的なシティフェンダーが使われていますが、ボディには水平なラインがほとんどなく、普通の乗用車とは違う特別な車であることを強く主張しています。またポリス仕様のシールが近未来なハイテク感も演出しています。両サイドとフロントの3点にシールが効果的に使われています。

superpolice_3.jpg

 斜めになったルーフラインがリアエンドへと収束していくのはうっとりするような眺めです。リアフェイスはクリアレッドのプレートを縦に置いています。シャープな顔つきの中央にはなんとトライアングル状の3本マフラーが出ています。性能をアピール車であれば排気の表現は特に重要です。4幅車では稀な3本マフラーは高いエキゾチックな雰囲気です。またバーとフィグハンドで表現されたリアウィングは線が細いデザインで主張しすぎずにテールを飾っています。

superpolice_4.jpg

 裏面からの眺めです。マフラーは双眼鏡と一本の軟質チューブによって構成されています。このビルド方法は天才的な発想だと思います。またフロントノーズ部分の接続方法も驚きました。ユニット化されたフロント部分は斜めになったクリップで取り付けられています。左右対称な組み方で考えていたら到底たどり着かない手法です。
 また写真では確認しづらい部分ですが、ハンドルにスピードチャンピオンズのホイールキャップを使っています。4幅車のハンドルはどうしても画一化してしまいがちですが、車のデザインではハンドルの形もこだわりたいですよね。というわけで今年のベスト・エキゾチックはパトカーという形になりました。ドバイあたりで運用していてもおかしくない車ですね。来年ももっと4幅スーパーカーが盛り上がることを期待しています。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/656-66274931