Badass:極悪仕様S15シルビア | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Badass:極悪仕様S15シルビア | HMR

s15silvia_1.jpg

S15 Silvia / Builder: あいさわ

 走り屋の車として定番なシルビアは今でも色々な改造のベースに人気があります。今年のHot Minifig Ridesに現れたこいつは中でも「バッダス」な1台でした。



 一口にカスタムカーといっても色々な意味合いを含んでいると思います。ショーを前提とした車ならばショーカー、デイリードライブを前提とした実用車ならストリートカーと呼び分けすることもできます。荒削りながらもアグレッシブな見た目のインパクトを与えるこの車にはストリートカーの呼び名が相応しいです。

s15silvia_2.jpg

 フロントからサイド周りまではタイル張りのエアロが装着され、ワイド感と車高の低さが強調されています。そしてこのS15を只者ならぬ雰囲気にしているのが、色違いのボンネットとドアでしょう。ボディカラーに塗られていないパーツは、まだ発展途上なストリートカーっぽさの演出になります。走り屋的な外装でありながら、強烈なキャンバー角を付けられたタイヤがいかにもちょっと「やりすぎ」な雰囲気です。インタークーラーの位置にはメッキのスリットタイルが使われていますが、メッキの剥げもらしさに見えますね。

s15silvia_3.jpg

 テールライトはS15の特徴を再現しています。クリアテールはカスタムらしくなります。ウィングは1x4プレートを逆さまにして、蛇口のステーがボディとつながっています。テール周りの再現のために上下逆組みになっているようです。垂直板はクリップですが、この手法はクリップが割れるという報告もあるので使用の際には注意が必要です。後ろには大きなマフラーがのぞいています。

s15silvia_4.jpg

 キャンバーの付け方はクリップを使用しています。屋根を低くするためには床を抜いてブラケットの横ポッチでフィグの足を固定しています。これらのテクニックは今や多くのビルダーの車で取り入れられている定番の手法です。公式には使われることがないビルテクですから、私たちユーザー側が築いたものといえますね。マフラーはメッキのコーナーパイプを使っていました。

 ワルっぽさやストリート感あふれるS15は芝生のカーショーよりも夜のパーキングあたりがよく似合いそうです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/664-9441eac9