エアーで飛ばす!ジェットカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

エアーで飛ばす!ジェットカー

airrocket_1.jpg

Air Rocket

 今や走る4幅車は珍しいものではありません。特にドラッグレースは4幅車でスピードを競う絶好の舞台です。今回のマシンは真にスピードを求めた1台です。



 群馬のHot Minifig Ridesでは毎年ドラッグレースを行っており、今年はプルバックモーターで競うLIMクラスを導入しました。私はこのドラッグレースをもっと広げていきたいと思っていて、今回のマシンはそんな未来に向けて製作したものです。エアポンプを使って発射するジェットカーの登場です。
 ジェットエンジンを搭載した車はボンネビルの最高速レコードブレーカーとして活躍していることで有名ですが、ドラッグストリップを舞台にしたレースも行われています。今回の車はそんなジェットドラッグスターをモチーフにしています。

airrocket_2.jpg

 ボディデザインはIHRAで実際に走っているマシンを参考にしました。ジェットエンジンを包み込んだボディは細長く、屋根も極力低く見えるように組みました。単調なフォルムなので代わりにカラーリングで派手さを演出し、赤青白黄色と4色をストライプ状に組み合わせたものにしました。レゴの基本色のみを使った配色ですが鮮やかでレーシングカーらしい雰囲気が出たので気に入ってしまいました。

airrocket_3.jpg

 ジェットエンジンはエアポンプを突き刺すレシーバーです。このパーツのデザインについては、ジェットエンジン風に見えるように最初からモールドがされているのだと解釈しています。問題はこの筒状のパーツが2ポッチ幅よりも若干大きいということです。本来の製品だと8幅ほどある車に取り付けるものであるため、4幅車に収めるには少し工夫が必要です。そのため筒の周りは通常のブロック積みではなく、プレートとタイルを横向きに貼り付けています。

airrocket_4.jpg

 タイヤと干渉しないようにジェットエンジンの搭載位置をできるだけ低くする点が特に難しいポイントでした。リアタイヤは3ポッチトレッドで、ボディからあまりはみ出さないようにセットしています。床面には普通の4x8プレートとつなげて、1面のみポッチがある4x4プレートを使っています。横組みしたパーツがポッチと干渉することを避けるためです。

airrocket_6.jpg

 エアポンプにセットするとこのような状態になります。製品版ではもっと車が大きいので、ちょっと傾いてしまいます。この状態で赤いポンプを踏み込むと勢いよくマシンが発射されます。推進力は最初の発射時のみ与えられるので走行中に加速はしませんが、ドラッグレースならばプルバックモーターよりも何倍も速く走ります。かなり危険な飛び道具なので遊ぶときには注意が必要なほどです。ちなみにこのエアポンプ一式は2010年から2011年にレゴレーサーズで何種類かリリースされたものです。

airrocket_5.jpg

 実際のジェットドラッグスターはトラックの形だったり、レール風だったりと色々な形状があります。ただしアメリカで最もメジャーなNHRAにはジェットエンジンのクラスは存在しません。ジェットカーのドラッグレースを行っているのはIHRAで、やっぱり普通のドラッグよりもマイナーな存在ではあります。実際ジェットカーは最高速こそ高いものの、轟音と白煙の割にはスタートダッシュはそんなに速くありません。ジェット推進で走る車はエンジンでタイヤを駆動させていないので当然なのですが、瞬発力勝負のドラッグでいまいちメジャーになりきれないのは理解できる気がします。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/666-2ca23605