Clean Old-School Honda:フルオープンCR-X | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Clean Old-School Honda:フルオープンCR-X | HMR

opencrx_1.jpg

Honda CR-X / Builder: さくりん

 自分の車をイベントに出すならいつも通りの姿とはいきません。車をより魅力的に魅せるためには工夫も必要です。レゴの車でも全く同じではないでしょうか。



 レゴの世界でも車をカーショーにエントリーするという文化は根付きつつあります。今年のHot Minifig Ridesは前年よりもたくさんの方に参加していただきました。シーンはまさに現在進行形で成長の過程にあります。イベント会場に自分の車を置くということは、コンビニの駐車場に車をとめるのとはわけが違います。たくさんの車が並ぶ会場でこのCR-Xは私の目にとまりました。フロントフードとドア、ハッチをフルオープンで展示していたのは今回この車だけでした。内部の作り込みをアピールするためにフードを開けて展示するのは現実のカーショーではよく見られる基本的なアピール方法です。

opencrx_2.jpg

 サイドに黒いモールが備わるデザインが80年代国産車らしいディテールです。顔周りはシンプルながらもきれいな組み方で、クリアとオレンジの灯火の使い分けがしっかり実車準拠になっています。フロントバンパー開口部にポッチが露出していないのは細かいポイントですがフロントフェイスをクリーンに見せてくれます。4幅車ビルドでは意外と少数派ですが、2幅のフラッグでボンネットのオープンを可能にしています。フラッグは1プレートよりも薄くなるので使い勝手は良さそうです。エンジン内部も再現されており、開くと赤いヘッドカバーが姿を現します。足元はレアなゴールドの5スポークホイールがセットされ、ストック以上のスパルタンな香りも漂わせます。

opencrx_4.jpg

 リア周りは特に特徴を掴んだ造形です。斜めに固定されたピラーには開閉可能なハッチも付いています。ハッチに付くスポイラーも再現されています。テールライトは間のガーニッシュを赤いタイルで置いているのがよい表現です。リアバンパーはあえてポッチ付きのプレートをはめています。タイルならポッチをなくせるというメリットはありますが、プレートの場合はその代わりにタイル特有の溝がなく角もエッジが出てむしろクリーンに見える一面もあります。バンパー下には片側2本出しのマフラーが双眼鏡で表現されてます。

opencrx_3.jpg

 実際にシビックの痛車に乗るビルダーは車のイベント出展も当然経験しているカーガイです。レゴのイベントでもその経験や知識が活かされたのではないかと思います。隣にあるのはホンダのモトコンポで、トゥデイのパトカーと共に飾られていました。今回はほとんどホンダ車が中心となるエントリーで、アメリカ風のイベント会場にもマッチしたショーカーが揃いました。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/669-4bc3b696