Flashing Night!:ライトアップブロックスでナイトシーンを盛り上げよう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Flashing Night!:ライトアップブロックスでナイトシーンを盛り上げよう

liteupblocks_1c.jpg


 レゴで様々な情景を作り出せる4幅車シーンで弱点とは何か。それは夜です。真っ暗では何も見えません。夜のレゴストリートを明るく照らす必要があるのです。



 カスタムカーのミーティングは夜に行われることも多いです。私たちは今までに多くのイベントで4幅車のカーショー風景を作り出してきましたが、夜のシーンだけは今も手付かずです。夜を作り出すにはライトが必要不可欠です。駐車場を照らす街灯、光るヘッドライト、そしてあやしく光るアンダーネオンなどがなければホットなカーショーとは言えません。
 レゴからも過去から現在において色々なライト部品がリリースされています。しかしそれらを4幅車シーンで活用した例は多くありません。パーツ供給が高額かつ少量であることや、大きな電池ボックスなどが常に障害となってきました。
 そこで今回紹介するのはレゴ社以外から販売されているレゴ互換パーツです。その名もライトアップブロックスといい、さまざまなライト部品がリリースされています。その種類も豊富で、4幅車への組み込みの可能性を感じさせるものも数多く存在します。

ltupt04.jpg

 製品についていち早く関山さんがレビューを上げられています。上のビートルは1x1ラウンドプレートにライトが仕込まれた部品をヘッドライトにしたものです。ボタン電池が電源となっており、車内に透明な電池ボックスが乗っているのが見えます。今まで誰もがやりたかったものの、レゴのパーツでは実現できなかったことが可能となるのです。

lightupblocks_web.jpg

 こちらのメーカーサイトから購入可能です。私はここから買ったことはありませんが、関山さんは購入されたそうで、日本からのオーダーも可能らしいということです。全て英語表記、価格はドル表示となっています。
 私が買ったときはパーツの販売元がどこか不明でしたので、国内のショップであるブリッカーズで購入しました。

liteupblocks_2.jpg
 購入したパーツを使って作ってみたのがこちらのカスタムバンです。虹色に光るライトブロックを仕込んであり、アンダーネオンとリアのオーディオをライトアップしています。ボタン電池内臓なので大きな電池ボックスもコードも必要ありません。
 扉画像も同じくブリッカーズで購入したライトアップブロックスの街灯です。こちらはボタン電池ではなくUSB給電タイプを選びました。白いコードが見えていると思います。それ以外にも色々なタイプのライト部品がありますが、ボタン電池タイプとUSBタイプの2種類が用意されています。

lightupblocks_web_2.jpg
 カスタムバンに使った虹色に光るパーツです。2x4もありますが、4幅車に埋め込むことを想定して2x3にしました。高さは5プレート分あります。一色のみ光るものも各色用意されています。

lightupblocks_web_3.jpg
 街灯はこちらのタイプを購入しました。ボタン電池タイプもありますが、乾電池での安定電力供給を考えてUSBタイプにしました。こちらは車ではなく屋外風景に使いたいため、大きな電池ボックスでも建物に隠してしまえば問題ありません。専用電池ボックスはありませんので、汎用品のUSB付き電池ボックスを別途買います。

lightupblocks_web_4.jpg
 もう一つ立体駐車場の蛍光灯に使いたくてこちらも買いました。1x4プレートの裏側が光る仕様で、建物の屋根を付けると中が暗くて見えなくなってしまう問題を解消できます。パーツの形にバリエーションがある他、光の色も白色や飴色などの種類があります。

lightupblocks_web_5.jpg
 購入はしていませんがライトセーバーもあります。本来の使い方とは異なりますが、車のアンダーネオンを表現するのに使えるのではないかと思いました。こちらのグリーバス将軍用のものが一つの電池ボックスに4本のライトセーバーが付いていて使いやすそうです。

 こちらはツイッターに投稿したものですが、ライトが光っている様子を動画で撮影したものです。虹色LEDの光り方が確認できると思います。2台の車と街灯がライトアップブロックスです。ちなみにディスコトラックはトイザらスで売っていたライトブリックス(Lite Brix)を使っているので今回のものとは別物となります。


 来年のHot Minifig Ridesはカーショー前日のプリゲームとして夜のシーンを再現したいと考えています。一緒に遊びたい人は是非とも光でアピールする車を作ってきてください。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/681-d5c9556f