Cruisin' and Hoppin':どっちもこなすマルチプレイヤー | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Cruisin' and Hoppin':どっちもこなすマルチプレイヤー | HMR

contilowrider_1.jpg

Builder:

 私が推しているジャンルの一つがローライダーです。今年のHot Minifig Ridesではホッピングバトルも開催しました。その中からこちらのマルチプレイヤーを紹介します。



 この車は輪ゴム動力のホッピングマシンとしてバトルに参加し、そのあとはゴムを外してショーカーとして会場に鎮座していました。アクションと見た目を兼ね備えたローライダーは、4幅車として理想的なショーカーです。

contilowrider_2.jpg

 長いボンネットがアメリカンフルサイズの雰囲気をよく表しています。直線的なラインもある時代のデザイン特徴を捉えています。フロントは双眼鏡を使ったダブルライトと、尖ったグリルで非常にらしい顔つきです。フェンダー部分は前後ともにタイル貼り付けでタイヤを包み込む形になっています。車高調整機能つきのローライダーであれば非常に有効な組み方です。サングラスをしたドライバーが様になっています。

contilowrider_3.jpg

 車高調整は片側ずつ調整可能で、このような傾いた姿勢にもできます。ホイールは丸タイルが使われています。丸プレートよりも直径が大きいので若干きつめのはずですが、問題なく装着できているようです。リアはローライダーには定番のコンチネンタルキットが取り付けられているようです。

contilowrider_4.jpg

 このように左右独立したロボットアームでタイヤが取り付けられています。左右の高さは別々に変えられますが、タイヤは常に垂直を向くしかないためキャンバーの調整はできません。根元はグリップハンドルを掴んでおり、ストッパーつきのためタイヤの位置が左右にずれるようなことはありません。あとはクリップの保持力がどの程度のものかという問題ですが、パーツの個体差もあるので一概には言えないところです。4幅車程度の重量なら静かに置いておけば耐えられそうです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/688-e04ee866