Bagged Pipes:バグパイプの音色鳴らすホットロッド | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bagged Pipes:バグパイプの音色鳴らすホットロッド | HMR

bagpipes_1.jpg

Builder: シゲ

 まだまだ多くの可能性を残しているのが4幅ホットロッドというジャンルです。4幅カスタムビルダーなら、自分のお気に入りのスタイルをホットロッドという形で実現してみるのも悪くありません。



 レゴのホットロッドのスタイルの定番はおおよそ決まっています。まずは4幅で作るのが難しいフェンダーを取り払います。ミニフィグを乗せるために邪魔な屋根もなくしたいです。このようにレゴのホットロッドはハイボーイ・ロードスターが非常に多いです。エンジンフードを取り外してメカの作り込みを見せるというのも定番です。つまりホットロッドは4幅車を作る上でわずらわしい色々な制約をなくし、作りたいものを作れる格好のジャンルなのです。

bagpipes_2.jpg

 色は4幅車としては珍しいダークグリーンです。今までは非常に貴重な色でしたが、エキスパート製品のミニクーパーが登場したことによってパーツの供給が一気に増えました。そのため今年のHot Minifig Ridesでは去年にはいなかったダークグリーンのショーカーが複数エントリーしていました。ボディは基本的にダークグリーンで構成されており非常に美しい仕上がりです。無駄な色味は使われず、フロントグリルやホイールもメッキなしの黒でダークな雰囲気です。色のイメージはエンジンのエグゾーストに使われているバグパイプからきているのでしょう。車のキャラクターを決定付けると同時に、基本パーツでは実現できない精細なパイプ表現を可能にしています。

bagpipes_3.jpg

 ドアは専用パーツではなく、クリップヒンジによって作られています。ダークグリーンのドアは存在しますが、サイズなどの面で必ずしも正解とはなりません。この車はドアによって後ろに向かって広がっていく車幅を表現しています。ドライバー後ろのロールバーとバンパーなどはフェンスやバーの組み合わせです。ビート板プレートの穴に突き刺したクリップバーでロールバーを保持しているようです。
 面白いアイディアは人の目を惹きます。魅力を伝えるにはアイディアを形にするビルテクが必要です。変則的なパーツ選択を活かした車づくりが素晴らしい1台でした。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/689-381ca5ed