The Blue Diamond:美しきシトロエンDS | JBF - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

The Blue Diamond:美しきシトロエンDS | JBF

mugends_1.jpg

Citroen DS / Builder: Mugen

 車を「格好いい」と評価する人がいます。一方で「美しい」と評する人もいます。二つの考えは何が違うのでしょうか。



 少なくともシトロエンDSを表すときには「美しい」という言葉を選びたくなります。今までに数多くのビルダーがこの車に挑戦してきたことは何の不思議な話でもありません。この車はミニやビートルなどと並んで世紀の車に選ばれた5台のうちの1台です。多くの人を虜にしてきた美しき名車なのです。

mugends_3.jpg

 ヘッドライトは丸型となる初期の形を再現しています。丸みのあるフェンダーはカーズフェンダーを使用しています。ボンネットはカーブスロープを使って、2ポッチのオーバーハングを取ったのびやかなものになっています。グレーのウェッジプレートがバンパーの役割をこなしているとともに、上下反転されていることに注目です。これによってプチスロを使ったボディの丸め込みを実現しています。乗員は前後2名で、美しいボディスタイルと実用の両立を成し遂げています。

mugends_2.jpg

 後ろからの姿も特にきれいに組まれています。屋根は4x6の車屋根パーツを1プレートの段差を付けたななめの組み付けをしています。理論上は無理な組み方ですが、そこはレゴブロックという現物合わせの特性を活かしたビルテクとなっています。リアタイヤはスカートで完全に覆われており、隙間のないクリーンな組み方がされています。リアトランク部分はプチスロですが、スロープ特有の半プレート分の段差をスムーズにつなげている点に強いこだわりを感じます。

mugends_4.jpg

 半プレート分の高さの調整は、クリップでバーを掴むことで可能にしています。リアタイヤの軸は3Lバーが使われているようです。ホイールに挿したハーフペグがスカートの1x3タイルに接続されることで保持しています。フロント部分の上下反転はビート板プレートの穴を利用したものです。
 良い車は4幅で再現しても良い車であることが伝わってきます。車を愛するビルダーの技量がそんな4幅車を作り出しています。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/693-b9a79d37