ゴーストバスターズ!おばけの救急車 | HMR - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

ゴーストバスターズ!おばけの救急車 | HMR

tamecto1_1.jpg

ECTO-1 / Builder: たむちん

 レゴで車を作る楽しみは色々、例えば映画の車を作るのもその一つです。スクリーンの中の光景をレゴで再現すれば卓上で大きなストーリーが始まることでしょう。



 映画、マンガ、アニメ、4幅車ビルドの世界では常に多くのスターカーが生み出されています。今年のHot Minifig Ridesではたくさんの劇中車が集まりました。劇中車はそれだけで一つのジャンルを形成するほどなのです。今回紹介するのは映画ゴーストバスターズから、おばけ退治に出動するECTO-1です。レゴアイディアズより8幅の高度な製品がリリースされていることもあり、MOCとしてもたくさんの作例を見るようになりました。非常に個性的な姿が劇中車としても有名な車で、ベースとなるのは古いキャディラックのアンビュランスです。人を(死なないように)助ける救急車がお払い箱になったあとは、死んだ人間である幽霊の退治屋に転身するわけですからジョークが効いています。ちなみに名前のECTOはエクトプラズムに由来しているのではないかと思います。

tamecto1_2.jpg

 公式のゴーストバスターズのプリントを活用しています。製品版のリリース以降、ECTO-1の4幅化は複数の例が見られました。この車はそんな4幅ECTO-1の中で、一つのシンプルな解を示しています。キャディラックの重厚な顔つきは、双眼鏡を使ったダブルヘッドライトによって小さな面積にうまく凝縮されています。劇中同様のニューヨークプレートも製品版からの流用で、雰囲気をより高めてくれます。また屋根の上のへんてこな装置も4幅車のディフォルメ感を活かした密度の高さで作りこまれています。

tamecto1_3.jpg

 ボディサイドからリアフェンダーへの流れは特に美しいポイントです。カーブスロープによってリアタイヤはスカート状にカバーされます。赤いウェッジプレートで見立てられたテールフィンがこの車の特徴的なリアスタイルを見事に表現しています。非常にバランスよくそれぞれのディテールが詰め込まれた1台です。製品版で8幅だったものをこのサイズに落とし込むのは簡単ではありません。この車は小さくなっても確かにECTO-1です。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/697-b0756205