【Brickshelf】モノクロの未来、Concept Car ver.3 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

【Brickshelf】モノクロの未来、Concept Car ver.3

lego_010.jpg
Brickshelf User : Dar2k
http://www.brickshelf.com/cgi-bin/gallery.cgi?f=502187

ブリックシェルフで見つけた作例です。
バックトゥザフューチャー2、マイノリティリポート、はたまたTHX-1138?のような未来SF感のある作例です。


今のシティではお馴染みのオーバーフェンダーパーツを使いつつコンパクトに、色を白で統一して潔癖な未来感を演出しています。
戦闘機のキャノピーを利用したバブルキャビンはレトロフューチャーなSFには不可欠な存在でしょうね。

未来っぽさを醸し出すもう一つのポイントは、白いレーダーディッシュによるホイールキャップです。
車は足元で全てが決まるといっても過言ではありません。
中身は普通にゴムのタイヤパーツだと思われますが、写真の黒背景と白とのコントラストのギャップによって上手く隠されています。
実はこの作品はこれがバージョン3にあたり、フォルダを遡るとバージョン1から仕様の変更がされていることが分かります。
その変遷を見た上で、私は完成されたこのバージョン3こそが完璧な作品だと思い、あえて古いバージョンは載せません。(リンク先のブリックシェルフを見てね!)

もう一つこの車の潔癖さを演出しているのは、フロントグリルの部分に1x2センターポッチプレートを付けているところでしょう。
現代の車を作る場合なら迷わずスリットタイルをはめる所ですが、グリルがないことで普通の車とは違う表情を作り上げています。
バージョン1を見ると、この中央のポッチにプラグをつなぐことで充電するという設定のようです。
つまり電気自動車です。
まあこの車どう見てもエンジン車には見えません。

lego_017.jpg
キャノピーが持ち上がった上でドアが開きます。
ドアはクリップ付き2x3タイルで、普通の車ドアを使うよりも大きくガバッと開きます。
この大きいアクションも高ポイントですね。
勿論ドアの高さはボディラインと合わせてあります。

とても素晴らしい作品でしたので掲載させていただきました。
できれば同じテーマで、違う色の作例も見てみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

シゲ says..."レーダーキャップの裏が気になって仕方がない…"
なるほど…4ポッチでも作る人によって世界観がガラリと変わる好例ですね。
実際にモーターショー的な場所でコンセプトカーとしてありそうな先進的なシルエットが素晴らしいです。
ちょっとシティフェンダーを使いたくなってきました。
2012.10.25 21:16 | URL | #wQL4LVvU [edit]
Tamotsu says..."No title"
はい、色々なタイプの車を紹介して行きたいと思っています。
知らないジャンルの作例を見ることで、インスピレーションを与えていけたらいいですね。

ホイールキャップがどう付いているのかは私も気になりますね。
棚の他の画像を見てもよく分かりませんし。
ハーフペグのポッチ側に接続→ホイール自体は棒で支持?くらいしか思いつきません。
2012.10.25 22:28 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/7-bfe38966