純粋なる軽スポーツ。ホンダS660 | JAM - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

純粋なる軽スポーツ。ホンダS660 | JAM

s660_1.jpg

Honda S660 / Builder: jip

 S660が4幅車ブログに並ぶのはこれが初めてではありません。まだ若輩であるこの車の何がビルダーたちを惹きつけるのでしょうか。



 4幅車ビルドの世界でのS660は一つのブームと言っていいほどです。デビュー時から今までに多くのビルダーの手によってすばらしいS660が作られてきました。そして今年のJAMでもまた新しい1台を見つけることができたのです。

s660_2.jpg

 4幅車ビルダーは皆ものを小さくまとめる能力に長けています。このS660も軽規格のスポーツカーらしい小ぶりなボディで、実車の雰囲気をよく表しています。フロントはカーブを使った曲面で構成し、緩傾斜の風防でスムーズにラインをつなげています。車全体が前傾姿勢になっているので、ウェストラインの印象も尻上がりな実車に近くなりますね。サイドのエアダクトも黒パーツを差し込んで再現されています。シート後ろのロールバーを1x1ブロックで置く表現は意外と馴染んでいる様子です。間の窓ガラスまで再現されています。

s660_3.jpg

 リアは特徴的なテールライトをプチスロの上下反転によって再現しています。プチスロを上下逆さに使う手法は4幅車ではよく見られるようになりました。プチスロは逆スロープ版がありませんから、特にビルダーの腕の見せ所でもあります。この車ではリアデッキのプレートが裏返しになっており、リアフェンダーまで上下反転しています。プレートの裏面を見せるのはあまり綺麗な組み方ではありませんが、ヘッドレストカウルで隠れるように配置されているのが上手いです。

s660_4.jpg

 床面はパネルを横倒しにしてミニフィグのポジションを低くしています。サイドシル部分の1x1ブロックが側面ポッチ付きになっていてボディと接続していると思われます。丸プレートを使ったディフューザー回りの造形も参考になります。
 S660がなぜこうも4幅車ビルダーの間で人気なのか考えたら面白い考察になりそうです。しかしここではあえてそれを追求するまでもないでしょう。レゴは誰でも自分の好きなものを作ってよいものです。それが自分にしか思いつかないようなことだったとしても、または他の誰かと同じ思いつきだったとしても、格好いい車が格好いいことには変わりありません。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/711-9ece3389