Nostalgia Drag Racing:スリングショット! - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Nostalgia Drag Racing:スリングショット!

speedypython_1.jpg

Speedy Python

 レースの中でも強く興味をひかれるのはドラッグレースです。特に古いスタイルのドラッグスターは魅力的で、レゴで作りたくなってしまいます。



 動画サイトで色々なドラッグレースの動画を見るのはごく日常的なことで、やっぱり見ていると4幅車として製作したくなってきます。私がどうしても作りたかったのはフロントエンジンのクラシックなレールのスタイルです。私が幼少期に遊んでいたジョニーライトニングのミニカーを思い出します。こういう形はスリングショットと呼ばれます。
 スリングショットを作る上で実現したかったのは、その小ささを表現することです。もちろんフィグを乗せる前提ですから、どうすれば良いものか長い間考え続ける必要がありました。

speedypython_2.jpg

 ボディカラーは黄色よりも少し濃い色合いのブライトオレンジです。ノスタルジックな雰囲気によく似合うと思いました。ボディは2ポッチ幅のベースにタイル貼り付けで3ポッチ以下の幅に収めることができました。4ポッチ幅ある普通の車とは絶対に差別化しなければならないポイントでした。ドライバーはタイヤよりもさらに後ろに乗り込みます。タイヤとミニフィグの位置が近いので非常に組みづらい形でした。車輪はワイド車軸を使っているので3ポッチトレッドとなっています。フロントはパイプフレームで前輪を前に伸ばし、運転席の前にエンジンを載せています。エンジンはあえてエアスクープなしのシンプルな形にしました。前輪は自転車のホイールを使っており回転しません。本当は車椅子のホイールを使おうかと思ったのですが、径が大きくてこの車には合わなかったのでこちらにしました。

speedypython_3.jpg

 ドライバーが後ろに寄った独特なスタイルがよく分かると思います。後年のレールはエンジンがドライバーの後ろに搭載されるようになるので、ここまで極端な位置に乗り込むのは古いドラッグスターならではです。後ろはロールバーとパラシュートボックスを装備します。

speedypython_4.jpg

 裏返すとドライバーのお尻が見えています。ボディはサイドの1x4タイルで保持している形になるため強度は弱めです。ボディとパイプフレームはクリップで接続し、逆への字に折り曲げています。エンジンマウントもクリップでパイプとつなげています。

speedypython_5.jpg

 プラン自体は何年も暖めていたものでしたが、製作のきっかけは少し前に棺おけのホットロッドを作ったことです。ヘンテコな車を作るのであればもっとマシな題材のドラッグスターを作るべきだと思い、今回のマシンが生まれました。もし興味があればNostalgia Drag Racingで検索してみてください。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/724-5b9c9518