Straight Outta Compton:ストリートカルチャーとローライダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Straight Outta Compton:ストリートカルチャーとローライダー

straightouttacompton_1.jpg


 問題です。「64(シックスティーフォー)」と聞いてあなたはその意味が分かりますか?たぶん分からないと思います。私もそんな問題を急に出されたら絶対に答えられません。



 では次の問題は難易度を下げてみます。イージーEの言葉である次の文章を読んで「64」の意味が分かりますか?

"Eazy-E: Cruising down the street in my '64"

 これでもまだ分からないという人もいるかと思います。しかし車や音楽に興味のある人なら、文章の流れから64というのは車のことであり、その数字は1964年式を表していることが分かるのではないかと思います。さらにイージーEがどういう人物なのかを知っていれば、その車種まで察しがついてしまうかもしれません。

 今回は車に関する映画を紹介する記事です。作品は昨年公開されたばかりの「ストレイト・アウタ・コンプトン」です。LAでも最も危険な町といわれるコンプトン出身の若者たちがラッパーのグループを結成して成功を収めていくというストーリーです。日本では広く一般に知られるような作品ではありませんが、本国アメリカでは大成功を収めました。この作品の特別なポイントはN.W.A.という伝説的なラッパーグループの実話を語った映画であるということです。

 主人公の一人は実在したラッパー、イージーEです。この映画は1986年、まだ有名になる前の彼がコンプトンのとある家で違法なドラッグの取り引きをする場面から始まります。この映画でフィーチャーされるラッパーは他に2人、ドクター・ドレーとアイス・キューブがいます。2人とも現在はビッグスターであり、ドレーにいたってはアフターマスというレーベルを立ち上げてエミネムや50セントなどのスターを生み出しています。

 この映画の本分は音楽に関することです。そしてラップという言葉からイメージされる「ワル」な要素はすべてつまっています。つまりギャングに警察、けんか、金のこと、性のこと、薬、銃、酒、そして車です。ギャングスタラップの映画というところから、映画に登場するクールな車を目当てに劇場に行った方もいるのではないでしょうか。

straightouttacompton_2.jpg

 彼らの周りにあるのがローライダーというカスタムカーカルチャーです。当ブログでもこのジャンルを広く知ってもらうためにいつかはローライダーの記事を書こうと思っていました。そのためにYouTubeでローライダー系のイベント動画などを漁っていたのですが、いまいちピンとくるものがなかったところに、この映画が登場しました。これはまさにローライダーを知ってもらうために最適な映画です。

 といっても作品の中で車の説明などは一切されません。ローライダーという言葉すら一回くらいしか出てきません。車が映っているシーンも長くないので、車だけを目当てに見たらがっかりするでしょう。しかしこの映画では車に乗っている人がどんな格好をしているのか、どんな言葉を話しているのか、どんな人生を送っているのかを見ることができます。

 言葉は文脈の中で意味を与えられます。それは車についても同じことで、ローライダーというカルチャーを説明するために車だけを取り上げてもなかなか上手くいきません。車はそれ単独では存在し得ないのです。イージーEが64年型のシボレー・インパラを乗り回していたように、車は必ず人と共にあり、その生活と共にあります。この映画を観ればきっとそんな空気感を感じられるはずです。



 ギャングスタラップの流行はもう過ぎてしまっていますが、きっとアイス・キューブのアルバムが欲しくなってしまうはずです。でももしかしたら彼らの素行粗暴なライフスタイルに嫌悪感を抱くかもしれません。現在はともかくとして、ローライダー自体が「いい子」たちの文化ではないのです。しかし日本に住む私が彼らに向かって「清く正しく生きろ」と言っても仕方ありません。コンプトンではギャングの銃口が常に自分の脳天を狙っているという現実があり、被害者にならないためには自分自身もギャングスターのようになるしかないのです。そうした生い立ちと境遇は力強い歌詞となって、彼らの音楽に乗っています。ワルなことだと頭では分かっていても、魅力的だと心では感じてしまうのです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/725-7e107be2