濃灰のマッスルパワー | 吉祥寺レゴオフ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

濃灰のマッスルパワー | 吉祥寺レゴオフ

graymuscle_1.jpg

Builder: 最澄

 4幅マッスルにまた新しい刺客がやってきました。その車を包み込むカラーはコンクリートの道路に溶け込むようなダークグレーです。



 私が製作しているマッスル系を参考にしたということで、フレッシュなカラーで4幅マッスルを作ってくれました。ビンテージなマッスルカーは現実でも高い人気があります。映画「ワイルドスピード」でも毎回必ず登場していることからも、世界的にマッスル熱が高いことを感じます。今年のHot Minifig Ridesではマスタングにベストオブショーを与えましたが、来年にはベスト・マッスルをアワードとして追加する予定です。4幅でもマッスルが熱くなってくれるとよいですね。

graymuscle_2.jpg

 側面をタイル貼りにして、スロープでサイドに丸め込む手法は私のマッスルカーから踏襲されています。この組み方の問題点は色の種類が少ないレールプレートを使うということで、なんとかこのパーツを使わない手を考えられればカラーバリエーションももっと幅が広がりそうです。フロントは黒い双眼鏡を使って、丸ダブル型のヘッドライトになっています。グリルは丸ポッチですね。屋根は普通とは反対向きに取り付け、ルーフからピラーへのラインを綺麗に見せる構成になっています。

graymuscle_3.jpg

 トランク部にストライプが入るパターンはモパーマッスル的です。ただしこの車には特定のモデルは存在しないとのことです。ダークなカラーに鮮やかなストライプというのが、通常とは逆パターンのカラーリングで新鮮です。ホイールのカラーがコーディネートされているのも車の格好よさを引き出してくれます。

graymuscle_4.jpg

 前輪の赤ホイールはクラシックな車軸固定ホイールが使われていました。それを上下逆組みしています。丸ポッチのホイールは通常の1x1ラウンドプレートをペグ軸で取り付けることで同じ見た目にできますが、取り付け高さが異なるためあえてこちらを選んだそうです。リアの車軸プレートはターンテーブルのディスクで接続されていますが、補強的な意味合いのようです。
 派手な色やダークな色、マッスルカーにはなんでも似合いますから、今後も色々なマシンが登場することを期待しています。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/731-d08a00a5