KANJO:日本のストリートレーサー環状族 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

KANJO:日本のストリートレーサー環状族

hotbrakes_1.jpg

Hot Brakes

 「族」にもいろいろな種類がいます。その中でも真に速さを求める者がどれほどいるのか、定義も統計もない世界なので計ることはできません。



 当ブログでも以前現実の環状族について紹介したことがあります。それから長い間私も環状のマシンをレゴで作りたいと考えていました。大阪環状族のマシンは主にホンダ、特にシビックであることが多いです。彼らのスタイルが元々シビックのワンメイクレースに由来していることを考えれば当然です。というわけで私もコンパクトなホットハッチをベースに、4幅環状レーサーを製作しました。

hotbrakes_2.jpg

 ボディは大きくなりすぎないように、ホイールベースは7ポッチです。フロントもリアもオーバーハングは短めにして、ハッチバック風の形にしました。ボディの特徴はレーシングカラーを模したペイントです。大胆な斜めの色分けもよく見られるので、私の環状レーサーもプレートを段々に重ねた斜めのラインを取り入れました。またカーナンバーを書き入れるゼッケンを貼ると一層雰囲気が出ます。白と赤の組み合わせでゼッケンを入れました。カラーリングを邪魔しない配置にするために案外悩みました。風防はフロントを緩傾斜にしています。ボンネットまわりはできるだけ薄くしたかったので、タイルによるポッチ隠しは諦めました。ポッチをフラットにするだけが正解ではないのです。フロントガラスにはハチマキとしてシールを貼りました。ブレンボロゴのシールはテクニック系のシールです。かなりレーシーな雰囲気になったと思います。

hotbrakes_3.jpg

 ルーフエンドにはスポイラーを装備します。アメコミのプリント付きパーツですが、黄色のウィングは無地もリリースされています。リアウィンドウの中にはロールバーを組んであります。色つきにしたかったので思い切ってフェンスを見立ててみました。ちなみに後ろの風防パーツはポッチ接続できなかったので、フェンスを挟み込むように置いてあるだけです。リアバンパーはフロントに対して高く切り上げて、双眼鏡のマフラーを付けました。少し位置が低すぎてマフラーが地面に当たっています。ここはもっと上手い取り付け方法を考えた方がよいかもしれません。ホイールはリリースされて間もない黒のレーサー5スポークを入れました。メッキ付きとはまた異なるどっしりと構えた足元になりました。

hotbrakes_4.jpg

 この車で拘ったのはツラセッティングです。通常の車軸にタイヤをはめてしまうとツラが内側になってしまうので、ツラを出すために軸に緩くはめこむという裏技を使いました。ボディ側面が絶壁な4幅車の場合、若干はみ出し気味が格好いいと重い、少しツラ外にしています。黄色の輪ゴムを巻きつけているのは、ホイールがカチッと奥まではまり込まないためのストッパーです。またタイヤをフェンダーアーチのギリギリまで近づけるために、本来ならプレート1枚挟むところを、フェンダーに直接車軸プレートを取り付けています。もちろんタイヤが当たって完全には接続できないので、車軸プレート事態もゆるハメでくっついています。ツラに拘るあまりレゴビルド的にはかなりアウトローな組み方になってしまいました。

hotbrakes_5.jpg

 族というからにはこれ1台では終わりません。次回以降さらなる環状レーサーをご紹介します。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/733-9ffa6f10