Beyond Imagination:究極のスラムド・ミラジーノ | 磯子フェス - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Beyond Imagination:究極のスラムド・ミラジーノ | 磯子フェス

miragino_1.jpg

Mira Gino / Builder: 最澄

 現実世界はいつだって個人の想像の範疇を超えていきます。私たちレゴビルダーは常に現実に追いつけ追いこせと、走り続けていかなければなりません。



 このレゴの車を見てピンとくるでしょうか。今回の車は実在のカスタムカーを再現したものです。その手のカルチャーに敏感な人ならもう知っていることでしょう。元になっているのは先月お台場で開催されたスタンスネイションでアワードを取ったスラムドすぎるミラジーノです。一躍有名車となったこの小さな軽自動車をさっそくレゴで作ってしまったわけです。

miragino_2.jpg

 6ポッチのホイールベースにオーバーフェンダーを装着し、前後の短さが特に感じられるボディです。ボディはフェンダーよりも腰を低く落とし、エンジンを収めるボンネットだけが大きく膨らんでいます。ボディ下は地面ぴったりまで着地し、まさに小さく、低くまとまっています。ホイールは金塗装のメッシュホイールで、実車にイメージに合わせています。キャンバー角を付けられたタイヤはフェンダーとのツラ合わせも決まっています。

miragino_3.jpg

 ボディ自体をセクションド、つまり薄くスライスしているため、ただのシャコタン車とは一線を画すルックスを手に入れています。低い位置に存在するテールライトが大胆なボディカスタムを主張するディテールです。ボディが薄いために中のミニフィグも少し寝かせていますが、実際の車もシートポジションは低く、かなり後方に位置しているようです。

miragino_4.jpg

 裏から見るとミニフィグの足が見えています。床抜きして車屋根パーツを使ってもまだ真っ直ぐには乗せられないのですからかなり低いことが分かります。足回りはT字バーに細軸ホイールを挿す方法でキャンバーを付けています。ホイールはただの棒に挿しても抜けてしまうのですが、タイヤの角をフェンダーの内側に押し当てているので外れないそうです。

Cu5i_PzUEAEU5Hx.jpg
 こちらはビルダーのツイッターよりスタンスネイションでアワードを受けているミラジーノの実車です。アワードカーはどんな車だったとしてもレゴで作ると心に決めてからイベントに向かったそうです。あまりにもクイックすぎるレゴ化はその熱いモチベーションからくるものでした。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/737-2763b8c8