Lives in the Salt Flats:塩の湖のホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Lives in the Salt Flats:塩の湖のホットロッド

evildigger_1.jpg

The Evil Digger

 今年のプチビルコンに投稿した最初の車です。テーマはミニドール。ミニドールのための車とはどんなものか、それがこのプロジェクトの始まりでした。



 レゴ4幅車ブログはミニフィグが乗る車をメインに取り扱ってきました。レゴの人形といえばミニフィグというのは皆さんご存知の通りですが、フレンズ・シリーズで登場したミニドールもだんだんとレゴの世界に定着してきました。今回のプチビルコンは4幅車カルチャーが新たな世界に広がっていくことを願って行ったものです。
 ミニドールの車を作るということは、近似値として次のようにも捉えることができます。レゴ・フレンズの世界の車であること、または女の子の車であることです。私はそのように考えていずれもフレンズの女の子をドライバーに選びました。彼女たちに必要な車はどんなものかと思案し、とりあえず無駄なクリアパーツやピンクのボディは必要ないと思いました。女だからという理由で、車の格好よさは何も変わらないからです。

evildigger_3.jpg

 この車のイメージはボンネビルです。塩の湖、ソルトフラッツで行われるスピードトライアル仕様です。ボンネビルはホットロッド文化の聖地の一つですから、いつかはやりたいテーマでした。ボディカラーは地味なグレーに統一し、ボディサイドには純正シールでカーナンバーを貼りました。エンジンカウルは残したままでマフラーだけ露出させ、ヘッドライトは必要ないので取り除きました。そして重要なのはムーンディスクをイメージしたホイールチョイスです。ソルトフラッツで空気抵抗を軽減するために作られたムーンディスクは、今でもカスタム向けに定番のアイテムとなっています。

evildigger_2.jpg

 床を抜いていないので座高が高くなり、ルーフには頭を避けるためにサンルーフが開いています。4幅のスケール感に落とし込むためにトランク部分は3幅にしています。リアにはダークグレーのパラシュートボックスと、黒のバンパーを取り付けました。スピードトライアルのマシンは高速ギヤのため発進が難しく、プッシュカーに押してもらってスタートする車が多いのです。

evildigger_4.jpg

 ミニドールはミニフィグよりも足が長いので、車の横に立たせるとさまになります。ヘッドギアはミニフィグと共通なので、ヘルメットの選択肢も幅広くレーサー風に仕立てることもできます。レーサーっぽい服装がないことが問題ですが。今後もミニドール規格が存続すれば服のバリエーションも増えるでしょう。

evildigger_5.jpg

 ミニドールは座面に2x3ポッチのスペースを要するため、車内空間の取り方がミニフィグとは異なるポイントとなります。しかし車のコンセプト自体はミニドール用だからといって普段のビルドと変わるところはありません。ミニドール乗りが4幅車カルチャーとして根付くためには、フレンズや女の子という固定概念をまず取り払うことが必要なのではないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/747-5cf91291