Act Like a Speedster:我が夢のスピードスター - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Act Like a Speedster:我が夢のスピードスター

356speedster_1.jpg

Porsche 356 Speedster

 今回は珍しく自分が欲しい車をモデルにしました。いつもは違うのかって?違ってはいません。でも今回は特に本当だということです。



 色々な方面に興味が多い私は欲しい車もたくさんあります。中でも本気なのはこのスピードスターです。本気というのは何もこの車が世界で一番最高だと言い張りたいわけではありません。当然本物の356スピードスターは希少で高価なので、私が欲しいのは無数に存在するスピードスターのレプリカです。VWベースのレプリカであれば価格も一般人向け、そして長らく73年のビートルに乗っている私には維持の面でも新たな課題は少なく済みます。実現可能性が高いという意味で、私にはかなり本気の夢なのです。
 以前から作りたいと考えていた車ですが、今回はプチビルコンのテーマに合わせてミニドール乗りとしました。手軽に乗れるオープンスポーツカーということで、レプリカのスピードスターならハートレイクの女の子たちにもおすすめできる車だと思いました。356は4WLCメンバーのTomさんによってすばらしい作例があったので、その組み方を流用して自分なりのアレンジを加えました。

356speedster_2.jpg

 フロントの作り方は先人のものをそのまま拝借しています。グレーのグリップハンドルをバンパーにして、クリップで斜めに角度の付いたヘッドライトを作り出しています。コンパクトな組み方でクラシックな車の絶妙な表情を作り出す素晴らしいアイディアです。フロントガラスは小さくしたかったので、旧ヒンジのあおり窓を使いました。特に拘りたいのはミニドールのシートポジションをできるだけ低くするということです。まず356はとても小さな車なので4幅車においてもできるだけコンパクトに収めたいと思いました。その上でドライバーの頭が上に飛び出しているとおもちゃ感が丸出しになってしまうので、彼女をできるだけ低い位置に押し込めることは大切でした。

356speedster_3.jpg

 やり方はどうあれ結果には満足しています。ウィンドシールドはもう少し傾斜させてもよいかもしれません。リア回りはカーブスロープで後ろにスラントさせています。エンジン部分の盛り上がりを表現するために1プレート分段違いにしました。本当はフードのリッドなどを再現するととても356らしくなるのですが、綺麗なラインとの両立ができませんでした。ホイールはメッキのスチールをイメージしてシルバーメッキの丸ポッチを使いました。

356speedster_4.jpg

 ご覧のように床抜きです。足の裏を黒いブラケットと接続しています。ミニフィグと違ってミニドールはお尻がポッチと接続しないので床を作るとだいぶ座高が上がってしまいます。この方法でボディにすっぽり収まる姿勢にできます。

356speedster_5.jpg

 ミニドールを車に収めるのが難しいポイントの一つにボリューミーな髪型があります。後ろ髪が長いと車に乗せることができなかったので、ミニフィグ用のショートヘアーにしてあります。
 背の低い車とミニドールを並べたショットはお気に入りです。オープンなこともあり、実際の356スピードスターもこれくらい低いシルエットです。こんな車で軽快に走り回れたら絶対に楽しいはずです。自然豊かなハートレイクならなおさらのことです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/753-e7b2742c