スーパーカーの王者が目を開くとき - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

スーパーカーの王者が目を開くとき

countachlp500_1.jpg

Lamborghini Countach / Builder: さくりん

 伝説の車はいつまで経っても少年の心の中で輝き続けます。この車は夢の車の代名詞、ランボルギーニ・カウンタックです。



 カウンタックを紹介するのはこれが初めてではありません。やっぱりこの車はキング・オブ・スーパーカーですから、レゴで作りたくなるのも当然です。今の4幅車ビルドは以前よりもスーパーカーが盛んです。新しい表現方法もたくさん生み出されています。この車のチャームポイントははっきりと見開いたその瞳です。

countachlp500_2.jpg

 色は人気の赤が選ばれています。そしてリアウィングと黒いオーバーフェンダーを備えた姿は、デビュー当初のシンプルな形とは異なったアグレッシブな姿です。この車のポイントはリトラクタブルヘッドライトを開いた状態を再現しているということです。2連のライトを表現しているのはミニフィグの足に取り付けるローラースケートです。1ポッチサイズの中で精密な目の造形を可能にしています。またカウンタックのキャラクターを構成する重要なサイドのエアダクトは黒の爪で表現されています。空気を取り入れるダクトとしてはデコボコが反対ですが、そのシルエットを生み出すには素晴らしいアイディアでしょう。

countachlp500_3.jpg

 ドアはもちろん上に跳ね上がるタイプです。少し横に開いてから上に跳ね上げる方式で、その組み方もシンプルで応用の利くものになっています。クリップ&バーのヒンジ構造でドアを横に開き、1ポッチ接続によってドアを上に回転させています。またドアは両端ポッチの1x4プレートで、ディテールを盛り込みつつ見た目にフラットな形状になっています。テールは4本出しマフラーがビルダーのこだわりです。ホイールはスポーティなスポークデザインではなく、あえてディスクタイプを選択しています。カウンタック特有の5ホールデザインをイメージした結果のチョイスなのでしょう。
 過去に紹介したランボルギーニとは全く異なるアプローチで作られた車です。4幅スーパーカービルドはまだまだ進化の止まらないジャンルのようです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

さくりん says..."紹介どうもですー"
紹介ありがとうございます!
4幅でリトラ表現って難しいんですよねー。
良いパーツが出てくれました♪
2017.01.04 17:54 | URL | #r7N8BxRw [edit]
Tamotsu says..."Re: さくりんさん"
ローラースケートは良いですねぇ。
今までは双眼鏡でしたけど新しい技が増えました。
私もさっそく使っています。
2017.01.08 18:09 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/764-3e52dea6