F*CK-OKA:レースカラー踊る福岡仕様暴走族 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

F*CK-OKA:レースカラー踊る福岡仕様暴走族

fuckoka_1.jpg

F*ck-Oka

 チャンプロード休刊によって一つの時代の幕引きを感じつつ、今やカルチャーは新しいステージに上がっています。



 暴走族なんてものが社会問題になっていたのも今となっては昔話のようになりました。めちゃくちゃな改造をされた当時のマシンも多くが廃車にされたであろうことは想像に難くありません。確かに現在それらの文化に昔ほどの盛り上がりはありません。しかし今日本の古いスタイルが一部の注目を集めていることも事実です。今回私が作ろうとしたのは福岡仕様というスタイルです。キャンバーやフェンダーなど控えめなモディファイでありながら、ボディにペイントされた強烈なレーシングカラーに強く惹きつけられました。

fuckoka_2.jpg

 この車にはワークスフェンダーは付けず、普通の4幅フェンダーを使って形を作ることにしました。福岡仕様のボディメイクは非常にシンプルで、かえってそれが今見ても不変な格好よさにつながっています。その代わりにカラーリングにこだわるのがポイントで、原色カラーを使ったアグレッシブなレースカラーが特徴です。左右非対称にデザインされていることも多く、それを上手く4幅車に落とし込むことが福岡仕様を作る上での課題になることでしょう。ドアに貼られたラリーカーのシールを利用し、黄色、オレンジ、緑、赤など多くの色を使ってそのスタイルに挑戦しました。フロントは定番のロングノーズに、ダミーホースを入れて族車らしさを演出しています。

fuckoka_3.jpg

 リアは丸型のテールライトにしてあります。マフラーはあえて竹やりにしないシンプルなものです。ホイールは11mm径の細いものに低偏平スリックを組み合わせています。福岡は当時から引っ張りタイヤがスタイルで、今のシーンにも通じる部分があります。

fuckoka_4.jpg

 ペグ穴ホイールでのキャンバー角の付けたかは蛇口を使っています。ペグの色を見ても分かるようにリアのペグは3/4を使って、ある程度ワイドな位置に固定しています。フロントはハーフペグなので差込を深くすることで、オフセットを内側にすることもできます。しかし格好いいツラを出すために結局はリアと同じくらい出しているのですが。フロントの蛇口はさらに糸の両端を接続する役割にもなっています。

fuckoka_5.jpg

 今や海外のイベントでも暴走族スタイルの車を見るようになりました。もちろん国内のイベントでもこのようなクレイジーな車を見る機会はまだまだあります。カルチャーは歴史となることでリスペクトの対象になりました。リスペクトは私がレゴで車を作る上で特に大切にしていることです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/789-24c19d06