Kustom And Paint It Pink:花とバケツのホットロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Kustom And Paint It Pink:花とバケツのホットロッド

pinkbucket_1.jpg

Builder: シゲ

 アメリカのカーカスタムには非常に長く深い歴史があります。私たちがノスタルジアなホットロッドを作るときは、多少なりとも過去への敬意が含まれています。



 車の改造には色々なジャンルの名前があり、シーンのリーダーたちは自分のスタイルをただの遊びや酔狂ではなく一つのカルチャーに昇華するために努力を重ねています。ホットロッドという形が今や世界的に認められたカルチャーであることは、レゴが子供たちに与える玩具のモチーフに過去何度も選んでいることからもはっきりしています。ですからレゴ4幅車ビルドにおいてもホットロッドを作ることはごく自然な流れだといえます。

pinkbucket_2.jpg

 4幅ホットロッドは車体の大型化を避け、フェンダーやエンジンカウルを取り払ったスタイルであることが多いです。露出したエンジン部分はショーカーとして注目されるポイントであり、同時にビルダーのテクとセンスが問われる部分でもあります。この黒づくめのボディに与えられたエンジンは、意外にも花とバケツが使われています。V字バンクを付けて取り付けられた花びらと、エアスクープのように口を開いたバケツというたったの3パーツがとてつもなく存在感を放ってフロントに鎮座しています。エンジン自体が小ぶりで、シンプル&クリーンなつくりに感心しました。

pinkbucket_3.jpg

 リアフェンダーはパネルを横向きに付けて小さな張り出しを設けています。ルーフは頭の位置にフラッグが使われ、ミニフィグが乗れる仕様らしいことが分かります。マフラーはサイドから出さずに後ろまで伸びているようです。後ろからもエンジンと同じダークピンクのパーツが見えます。派手な色をメカ部分に用いる配色がファンキーな印象です。

pinkbucket_4.jpg

 エンジン部分はかなりシンプルな構造です。中心を通るバーにバケツが刺さり、バケツの底面から5方向ブロックをつなげています。両サイドに出ているバーは給油ピストルです。床面は横組みで、真ん中に1x2x3パネルを置いて床を薄くしているようです。
 ファンキーな見た目にノスタルジアな風合いを感じたため、タイトルにはKustomという言葉を入れてみました。下げすぎない車高も当時のスタイルのように見えてきます。この車は4幅ホットロッドでも雰囲気を生み出すことは十分可能であると私たちに教えてくれているのです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/793-3a9ba708