Rally to Victory:勝利のためのランエボラリーマシン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
2

Rally to Victory:勝利のためのランエボラリーマシン

evorally_1.jpg

Lancer Evolution / Builder: さくりん

 ラリーレースは多くの日本車が活躍する舞台です。三菱ランサーも長い間ラリーに挑戦してきた車の一つです。



 うちで紹介している車の中にはレーシングカーはあまり多くありません。ストリートカルチャーを主体とする方向性に不満を抱いている読者がいるとすれば、それでもなおレゴ4幅車ブログを見てくれているということなので逃がさないようにしないといけませんね。レースの世界は常にストリートの先にあります。ストリートカーのチューニングもカスタムも、レーシングカーを真似したものが多く、レースがカーガイの憧れの舞台であることはいつの時代も同じなのでしょう。今回の車はラリー仕様を再現したランサーエボリューションです。ランエボと呼ばれるこの車は長い間、ラリーの世界で活躍した名車です。

evorally_2.jpg

 カーベースとシティフェンダーを使った現在の4幅車のオーソドックスなスタイルをベースにしています。最新のフォーマットを使いつつも、屋根は旧型ヒンジの車屋根が使われており、どこか懐古的な香りもしてきます。屋根の造形をするのに、ポッチの付いてるパーツの方が都合が良いのです。ラリー好きならきっと何の車かすぐに言い当てられそうな象徴的なカラーリングが見事に施されています。フロントにこれでもかと盛られたライトポッドは雰囲気を出しつつも、フロントの造形を邪魔していません。またスポンサーマークにはかなり古いレゴのプリントパーツが使われています。少しでもロゴがあしらわれているとレースカーらしい風格も漂ってくるものです。

evorally_3.jpg

 カラーリングはランエボVIのトミ・マキネン仕様を元にしているようです。フロントからつながるラインが特徴的です。ホイールはペグ穴11mmで、フェンダーよりもツラが出るワイドトレッドでセットされています。幅広でどっしりと地面を掴んでいる感じが出ますね。屋根上のシェルのプリントタイルはかなり年季を感じる具合ですが、ラリーカーならこれでも雰囲気としてはありなのかもしれません。レゴの高い耐久性も証明しているとも考えられます。レゴが長い間使い続けることができる玩具だから、4幅車も歴史ある文化として発展してきたのです。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

2 Comments

さくりん says...""
紹介どうもです!
シェルのタイルは小学生時代のなんで、つめで削ったり噛んだりでボロボロですw
ラリーテイストには日焼けもありかなーなんて。
2017.03.08 10:47 | URL | #r7N8BxRw [edit]
Tamotsu says..."Re: さくりんさん"
そうそうラリーカーだから古いパーツの汚れなんかもそれはそれでありかなーと思いました。
それに貴重な公式シェルプリントですし。
2017.03.09 23:55 | URL | #dNm2mw72 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/796-960470fa