Illegal Acts:ときには荒々しく、ときには慎重に - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Illegal Acts:ときには荒々しく、ときには慎重に

rottenmatoes_1.jpg

Rotten Matoes

 車好きならば悪いことも大好き(?)ですよね。遊びの中にも色々な形でルールは存在します。しかしたまにはこっそりと悪いことをしてみるのも楽しいかもしれませんよ。



 遊びとはいえある程度の制約はあった方が楽しみがいがあったりします。例えばレゴで何かを作るのならば「レゴ」のパーツだけを使う、といった具合です。その方がみんなと価値を共有することも容易になります。実際レゴ純正にこだわって作品つくりに取り組んでいるビルダーは多くいるでしょう。しかし中には社外品に手を出すビルダーも少なくありません。基本はレゴのみで構築された世界では、純正ではないパーツはイリーガル(違法)なものとも捉えられます。

rottenmatoes_2.jpg

 この車のテーマはずばりアウトローです。美しく仕上げられたショーカーというよりは、またアグレッシブにカスタムされたストリートカーを目指しました。その荒々しい雰囲気を出すためにチョイスしたのが、このくすんだ赤のホイールです。整形バリが残ったままの質の悪いパーツはもちろんレゴ純正ではありません。JLUGのエリックさんから海外土産でもらったオフブランドのブロックを使っています。レゴと互換があるタイプで、レゴの車軸に装着することができ、またタイヤもほぼ問題なく履かせることができます。ワイドで深いリムは、レゴの11mm径ワイドホイールとはまた違った表情を見せてくれます。

rottenmatoes_3.jpg

 ワルなイメージでボディカラーは黒を選択しました。華やかさを抑えるために単色にしています。タイヤの迫力に負けないように、6幅の大型リアウィングを装着しました。マフラーはあえて後ろに長く伸ばしてみました。暴走族風の竹やりマフラーは最近また着目されていますが、それを意識してか後ろに真っ直ぐ伸ばす車をちらほらと見かけたので真似したわけです。

rottenmatoes_4.jpg

 キャンバーの付け方はすでに最澄さんのモデルを真似しています。片側車軸はなぜかオレンジ色ですが、これも実はメガブロック製なので、イリーガルな部分です。レゴ純正と同形状ですが、メガブロックの方を先に手に入れたので代わりに使うことにしました。フロントは中心軸のバーで接続しており、バンパーの作り方に悩んだので思い切ってバンパーレスにしました。結果的にこの車のテーマに合ったスタイルになりました。

rottenmatoes_5.jpg

 ホイールはただの器の形で、スポークはデザインされていません。中を見ると車軸が見えています。レゴ互換ブロックの中でもメガブロックなんかはかなり高品質な部類に入りますが、今回ホイールに採用したものはお世辞にも良い品とは言いがたいものでした。整形も発色も悪く、表面に白い粉が吹いたような状態で、ホイール以外のパーツはとても使いたい気持ちになれませんでした。やはりレゴの質の良さを実感するところでもあります。しかしホイールのようなワンポイントになら、こういう遊びを取り入れてみるのも悪くありません。あくまでレゴが中心にあるから成り立つことなのです。ですからどの部分をレゴでなくするかは慎重に選ばなければなりません。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/798-7472581e