Rough Ride:やりすぎカーカスタムの手本 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Rough Ride:やりすぎカーカスタムの手本

badyakuza_1.jpg

Builder: 最澄

 カスタムは塩梅が大切です。調味料が濃すぎると食べられたものではありません。でもたまには濃い味付けのものも食べたくなるものです。



 この車は完璧なショーカーとはいえないかもしれません。そもそもこの車は完成しているのでしょうか。グレー一色のボディはまだ本塗装を迎える前の下地のようにも見えます。そもそも正気とは思えないタイヤのセッティングはかなり荒削りな印象を受けます。しかしその荒っぽさの中にも輝くダイヤの原石が見えてきます。

badyakuza_2.jpg

 ワイドボディにワイドリムの組み合わせは最近のトレンドを取り入れたスタイルです。ボディカラーは地味なグレー一色で、パールゴールドの深リムホイールをポイントに仕上げられています。タイヤは大きくリムを露出したワイルドなセッティングで、前後で角度の異なるキャンバー角が付けられています。フェンダーよりもはるかに大きくはみだしたリムはクレイジーそのもので、現実であれば確実にやりすぎな部類に入るでしょう。しかしマシンメイクそのものはツボを押さえたハイレベルなもので、単なる子供の遊びに留まらない悪い大人な雰囲気が感じられます。

badyakuza_3.jpg

 リアはバンパーを取り外した風体のルックスで、下からウィングのステーが伸びています。リアウィングは6ポッチの大型な物で、上面にステーを接続するというレースのトレンドを取り入れたものになっています。そしてウィングの裏面にステッカーを貼るのもストリートなどでよく見られる手法です。ウィンドウの中にはロールバーが組まれているのが見え、本格的な改造がされていることが伝わってきます。

badyakuza_4.jpg

 正面から見据えたショットは非常に馬鹿げています。しかし側面が真っ平らな壁になりがちな4幅車では、ワイドフェンダーやはみ出したタイヤで凹凸をつけることでよりリアルな立体感を出すことができます。ショーでトロフィーを取れる車ではないかもしれませんが、とことん遊びを追求した1台であることは確かでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/802-5ec0dac3