Wide&Low:ワイドボディとシャコタン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wide&Low:ワイドボディとシャコタン

fattort_1.jpg

Fat Tort

 昨今のワイドボディの人気はレゴ4幅車の世界でも顕著に表れています。私もそんな時流に乗るべく、スタイルに則った車を作ってみました。



 シンプル&クリーンな車が高い評価をされる現在のシーンでは、その一方でワイドボディキットがここ数年流行っているというのも事実です。まるでレーシングカーのようなワイドなフォルムを与えつつ、いかにもストリートなチョイスのクールなホイールと車高で決めるというのも今どきのスタイルです。4幅車での後付けワイドフェンダー的な表現はすでに多数の先例がありました。なんとなく作るのは難しそうだと感じつつ、とにかく1台作ってみないことにはどうしようもありません。

fattort_2.jpg

 ボディカラーは比較的多くのパーツ種類があるダークグレーを選びました。フェンダーの出っ張らせ方には色々な方法が考えられるかと思いますが、ここでは割とシンプルな方法を使いました。フェンダーの上辺にはレールプレートを配置し、それ以外の部分はタイルを側面に貼り付けることでワイド化しています。ジャンパープレートで半ポッチずらすのはもっと手間なので、ボディを形作る上でも都合がよいです。ワイド化に合わせて他のディテールもパワーアップさせ、ボンネットには大胆にエアベントを入れました。また屋根はあえて車屋根を使わずに、シンプルにタイルでフラットな形状にしました。ボディ全体も全てポッチが出ないように組んでいます。

fattort_3.jpg

 リア周りの造形はフロントよりも複雑で見所があります。ワイドフェンダーはリアの端まで伸ばして、テールライトを囲う形にしました。バンパーは完全になくしてディフューザーとセンターマフラーを取り付けています。さらにステーを伸ばして大型のリアウィングを付けました。かなりアグレッシブな装備ですが、車高は極端なほどに低く下げています。ホイールは白の11mmメッシュを選択し、ダークなボディカラーの中で浮かせています。ワイド車軸を使うことでツラはぴったり合いました。

fattort_4.jpg

 裏側を見るとサイドエアロの内側などかなりスカスカです。また床を抜いてミニフィグは地面と同じ高さにセットされています。屋根用のパーツを使わないため、ここまで低くしないと屋根を閉じることができません。ワイド車軸は車高を下げるために上下反転してセットしています。ただ普通に上下反転すると低くなりすぎてタイヤが接地しなくなるので、ハーフペグの突起が付いている方を上にして少し上げています。穴あきの2x2丸タイルを合わせることでハーフペグの遊びもなくなります。

fattort_5.jpg

 4幅車界隈では本当に4ポッチ幅に収まっている車の方が少数派です。現行のレゴシティの車も必ずオーバーフェンダーが付いているので厳密な4ポッチ幅にはなりえません。定義されないジャンルに疑問を覚える人もいます。しかしそもそもカルチャーには定義などないものです。4幅車というスタイルがどうあるべきかは、私が決めることではありませんし、誰かに決めてもらうものでもありません。それは信念を持って4幅車を作っているビルダー自身が考え、自分の車として表現するしかないのです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/805-6f89549c