Stand Alone:ようやくたどり着いたローライダースタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Stand Alone:ようやくたどり着いたローライダースタイル

greedo_1.jpg

Greedo

 私は常々、自分の(レゴの)ガレージにはローライダーが必要だと考えてきました。カーショーを彩る重要なジャンルの一つだからです。



 今までにも何台かローライダーというジャンルには手をつけてきましたが、どれも私が100%満足のいくものではありませんでした。今回この車に着手したのは「ストレイト・アウタ・コンプトン」という映画を観たことがきっかけです。この映画とローライダーについては別途記事にしていますので、そちらも参照してください。
 自分が今まで作ってきたローライダーの中で納得のいかなかった部分をこの車では克服しようと思いました。まず不可欠なのはハイドロを組み込むことです。このギミックがショーの展示として必須なのは当然として、地面に着地した状態もさまになっていなければなりません。そして最も重要なチャレンジはボディカラーです。ローライダーとしてぴったりハマる色にすることが、今まで到達できなかった要素でした。

greedo_3.jpg

 ボディカラーは前々から使いたかったダークグリーンを選択しました。これはもちろんレゴラーならご存知のエキスパート製品のミニクーパーの恩恵に預かったビルドです。多数のプレートやタイル、カーブに側面ポッチなど使いたい部品がだいたい入っていました。サイド部分はパネルがなかったので、1x4のカーブブロックを内側に向けて使いました。さらにダークタンと組み合わせて70~80年代セダン風のスタイルにしました。屋根はカットしてオープンになっています。フロントライトは黄色にして、グリルをパールゴールドにすることでカスタム感のアップを狙っています。ダークな色合いと合わせて豪華な雰囲気を目指しました。

greedo_4.jpg

 濃いボディカラーは美しく反射することも魅力ですが、レゴのボディを綺麗に保つのは案外難題だったりします。課題の一つのハイドロはかなり自由度の高いシステムを構築できました。前後が上に持ち上がるだけではなく、左右の動きにも対応し、こんなひねりのあるポーズも可能です。ホイールは白の穴あき丸ポッチにパールゴールドの棒を差し込みました。ローライダーならホワイトリボンタイヤが定番なので白い色を入れたかった結果の選択ですが、ホイールの表現に関しては今後も改善の余地がありそうです。

greedo_5.jpg

 ハイドロの仕組みです。クリップ付きのバーで車軸を掴んでいます。2本ずつ使うことで保持力が増し、またひねりも可能になっています。ボディ側にはグリップハンドル付きプレートがありますが、これを上手く埋め込むのに少し苦労しました。床面を1プレート厚に収めること、そしてホイールベースを8ポッチに収めることを課題にした結果、ハンドルが付かなくなりましたが効果には満足しています。バー系の部品を使うことで裏からの見た目もリアリティがあって雰囲気が上がります。

greedo_2.jpg

 着地したときの姿勢もご覧の通り綺麗に収まりました。後ろ側はフェンダースカートの中にタイヤがほとんど隠れます。欲を言えばわずかな隙間もなくベッタリ地面に付けば文句なしですが、これでも今までよりは高い成果を得られたといえるでしょう。ローライダーは今まで上手く形にできなかったジャンルなので、この車は非常に満足感の高い1台になりました。しかしこの分野の製作はまだまだやりたいことが残っています。魅力的なスタイルが数多いカルチャーなのでこれからも色々な車が登場することを期待しましょう。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/808-241b34fb