Whip Kream:究極スラムドピックアップ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Whip Kream:究極スラムドピックアップ

whipkream_1.jpg

Whip Kream

 クールなカスタムカーを作りたいならまずはトラックを検討してみることをおすすめします。トラックはどんな想像も広げることができる真っ白な素材です。



 今回はとにかく低い車を作ることが目的で、そんな強烈なイメージを形にするにはトラックがよいとすぐにプランが立ちました。4WLC-UGメンバーのLimeさんがヘルメットのバイザーをタイヤにしたイカしたシャコタンを作っていたので、私もさっそく試したくなったのです。
 他人がやっている良いことはすぐに取り入れるのが自分のビルドを成長させるコツです。車の低さを際立たせるために車はシンプルに作ることにしました。

whipkream_2.jpg

 ただ単に車高を下げるだけではなく、ボディ自体も薄くしてクレイジーなボディを作りたいと思いました。現実の車でやるならば、ボディをカットする大掛かりな改造になることでしょう。フェンダーに深く食い込んだタイヤのおかげで、ボディの高さはウェストラインまででたったの4プレートしかありません。このスタイルを最大限活かすためにボディカラーは混ぜ物のない白を選び、造形もオーソドックスなものにしました。その代わりにホイールは丸ポッチの特性を活かして4輪を異なる色にしました。ボディは白でもカラフルなホイールだけでポップなイメージになりました。

whipkream_3.jpg

 遊びのトラックらしく荷台には自転車を載せました。4幅車はとても小さいのでミニフィグの自転車を載せるのも少しきつかったですが、キャビンの後ろの壁をなくすことでなんとか前輪を収めました。テールライトはシェイブしているのでありません。

whipkream_5.jpg

 タイヤはヘルメットの黒のバイザーです。本来ならフェンダーの天井を突き破る深さのセッティングも可能にする素晴らしいアイディアです。タイヤに丸いパーツを使う必要などなかったわけですね。丸ポッチプレート2個を重ねたホイールはタイヤの中で遊んでいるだけで接続されていません。バイザー自体もパーツの弾力で突っ張ってるだけなので強度は弱めです。また薄いボディの中にミニフィグを乗せるため床は抜いています。それでもかなり仰向けになっており、ハンドルも付けられませんでした。

whipkream_4.jpg

 ミニフィグよりもはるかに背の低い車になりました。ミニフィグは短足なので普通の4幅車はフィグよりも高くなってしまいがちですが、やっぱり低い車の方が人と並べたときに格好いいです。また今回はかなりシンプルにイメージを実現できました。基本的にトラックは箱型の組み合わせですからレゴで作るには向いています。こんな風にがっつり下げてみたり、反対に上げてみたり、色々な遊び方が考えられるのがトラックカスタムのよいところです。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/814-c3b1118a