Van To Go:バンカスタムの再来 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Van To Go:バンカスタムの再来

greenbrier_1.jpg

Chevrolet Greenbrier / Builder: ベムスター

 ここ最近4幅車ビルドの中で新たに吹いている風、それがバンです。ワンボックスのボディに秘められた魅力をご紹介します。



 実のところカーカスタムにおけるバン文化はつい最近まで終わっているといっていい状態でした。アメリカンなバンカスタムといえば70年代のスタイルまでで、それ以降ブームは途絶えてしまいました。アメリカからバン文化を取り入れた日本のバニングは参考にするものがなくなった結果、80年代に突然変異し、そしてそれも一つの時代として取り残されました。しかし今また昔のスタイルが見直されつつあります。常に現実のシーンを追いかけている4幅車でもバンのブームは「再来」しています。今年のHot Minifig Ridesでは初めてベスト・バン・アワードを導入し、何台ものバンカスタムがカーショーに並びました。バンはスポーツカーのような低くて尖ったシルエットではありません。基本はワンボックスで、四角です。ではバンのどこに格好よさがあるのか、この車を見て探っていきましょう。

greenbrier_2.jpg

 ベースはシボレー・グリーンブライアーという60年代に存在したちょっと珍しいバンです。同時期に存在したコルベアと同じようにRRレイアウトで、アメリカ車としては個性的な車です。この車でも再現されているように、ダブルのヘッドライトが特徴です。シンプルなボディをオリジナルボディの雰囲気を強く残していますが、やはり下げられた車高がカスタムを主張しています。リアタイヤはフェンダーの中に深くもぐりこんでいます。ワンボックスとはいえど、フロントもリアもラインを傾斜させて、面が垂直にならないようにデザインされています。60年代バンらしいゴツさを控えめにしたスタイルです。ホイールベースも7ポッチと、小ぶりに抑えられています。

greenbrier_4.jpg

 前後と後ろのドアが開くのがこの車の大きな見所です。実際のところ、私がこの車を気に入ったのは車内空間の取り方です。バンなら中身はドンガラで広々としていなければなりません。4幅車でディテールを追求していく場合、どうしても中身はぎゅうぎゅう詰めになることが多くなります。しかしこの車は本当にスッカスカです。このように内側に空間を生み出すことはなかなか難しいことで、ショーに並んだたくさんのバンの中でも一つだけオーラが違っていたのはそういったところに要因がありました。5ポッチ長になるサイドシル部分には1x5テクニックプレートを使って強度を確保するなど、パーツのことも知り尽くされたビルドがされています。また単に室内スペースを取るだけではなく、内装色を赤にするという点でもショーカーとしてはかなり高評価なポイントでした。真っ黒で地味に見える車ですが、ショー向けによく作り込まれた1台です。

greenbrier_3.jpg

 ドアパーツやパネルを配置することでボディの厚みがかなり薄く見え、スケールに見合ったリアリティが感じられます。後ろからはマフラーが2本長く伸ばされ、景気よく青い炎を噴き出します。屋根も高すぎることなく絶妙なバランスで配置されています。ちなみにテールゲートのクリップが2ポッチのスペースの片側にしか付いていないのは、クリップ2個だと握力が強すぎてゲートの開閉が困難になるからでしょう。
 アメリカで仕事用の車といえば昔からピックアップトラックがあり、また乗用車は一人一台が当たり前なので大きな車よりもツードアクーペなんかが人気という事情も、バンカスタムの衰退に影響していたのかもしれません。今やバンカスタムは一つの歴史になってしまいましたが、レゴでそんな古いスタイルを楽しむのも大いにありだと思います。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/837-89f202af