Hoonicorn:只ならぬマスタング - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hoonicorn:只ならぬマスタング

hoonicorn_1.jpg

Hoonicorn / Builder: emoLego

 クラシックなマッスルカーはそれだけでも十分な価値があります。しかし果たしてアワード獲得した車はただのマッスルではありませでした。



 去年のHot Minifig Ridesで1台のマスタングがベストオブショーを獲得してから、カテゴリー別のアワードにはマッスルカーのトロフィーが必要だと考えていました。マッスルカーはアメリカを象徴するクラシックカーです。この車も65年型と古いマスタングで、マスタングのファーストイヤーモデルです。しかしこのフーニコーンと名づけられたマシンは間違っても単なるクラシックカーの括りでは収まるものではありません。低い車体にオーバーフェンダー、ロールバー、そしてフロントには最新のナスカー用エンジンが組み込まれています。これはモンスターです。それもそのはず、このマシンのドライバーはケン・ブロックなのですから。

hoonicorn_2.jpg

 全体に角ばったフォルムが65年型クーペらしいフォルムになっています。ボディは薄く作られ、ストックよりもアーチ位置の高いフェンダーにはオーバーフェンダーが付け足されています。ホイールは実車のカッパーに近いパールゴールドが選択され、薄いスリックタイヤを履かせています。ボンネットにはエアスクープが飛び出し、サイドからはマフラー、フロントにはスポイラーとかなりワイルドな見た目に仕上げられています。キャビン部分にはクリップバーを使ったロールバーが見えています。内側に組んだロールバーは外からは隠れてしまうことも多いですが、上手く外向けに見せる配置になっています。

hoonicorn_3.jpg

 テールにはディフューザーが備わり、まるでクラシックとは思えない仕様になっています。テールライトの間はポッチが一つ付いたジャンパープレートが使われ、給油口を表しています。車屋根パーツを使っていないのでドライバーはかなり仰向けになった姿勢で乗っていますが、やはり屋根を平らにしたかったのでしょう。65年式らしさが出ていると思います。
 アワード審査はイベントの中でも最も重要な要素です。HMRはエントリー車種の制限はありませんが、その代わりにアワードによってショーのアイデンティティーを確立するのが方針です。フーニコーンはただの古いマッスルというだけではなく、近年のカスタムカーシーンを象徴するマシンですから、HMRの顔としてトロフィーを進呈するにはもってこいでした。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/843-631ae53f