Build it in Bosozoku Style:暴走族を作ろう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Build it in Bosozoku Style:暴走族を作ろう

mikanzoku_1.jpg

Builder: Lime

 お待たせいたしました。みなさん大好きな暴走族です。今年のHot Minifig Ridesには専用のアワードも設けました。



 今や日本だけではなく世界的に存在を認知されるようになった暴走族スタイルはレゴの世界にももちろん波及しています。さすがにレゴ製品の中にはこういった車はまだ見受けられませんが、子供たちがおもちゃ屋さんでレゴの族車を手にするのも時間の問題でしょう。私たちはそうした未来に先駆けて、自分たちの手による暴走族スタイルをレゴで作っています。

mikanzoku_2.jpg

 今回のショーの中で暴走族の要素を一番多く取り入れていたのがこの車でした。オレンジと白のレーシング風カラーに、ロングノーズと出っ歯を意識したフロントフェイスが厳つい雰囲気でまくりです。コーナーパネルで囲ったフロントフェイスは70年代風のデザインにも見えます。内側にはヘッドライトとなるスモークの1x1タイルがツリ目状態で取り付けられています。固定は裏返した2x4プレートに挟んでいるようです。フェンダーはワイド化され、ホイールはイエローリムのワイドスリックが選択されています。暴走族といえば鬼キャンとよばれるネガティブキャンバーが注目されがちですが、この車はゼロキャンバーとなっています。実際当時の車両を見ても現在のような極端なキャンバーは以外と少数派だったりします。

mikanzoku_3.jpg

 リアフェンダーは小さな牙パーツでフェンダーラインを出しています。リアには大型のセブンハネ風ウィングと、そして定番の竹やりマフラーが備わります。そして4幅車ビルドではなかなか見ることがない、斜めに傾けたチェリーテールが付いています。アンテナの黄色いレバーを反対向きに挿して、穴あき丸ポッチをベースに取り付けしています。後ろから見た表情も迫力が出ており、この車の中で特にポイントが高い部分です。
 全盛期の族車スタイルは見た目の派手さがなんといっても魅力的です。レーシングカラーやオーバーフェンダー、ウィングなどはレースの世界から持ち込んだ要素が多いですが、ストイックなレースの世界よりもさらに見た目重視に大胆なものになっているのがストリートカルチャーの良いところです。つまりレゴで作るにはこんなに楽しい題材はありません。このブログを読んでいる4幅車ビルダーの皆さんには、是非とも昔のスタイルを学んでレゴの街に暴走族を蘇らせてほしいと願っています。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/848-79c008d0