High Level:本物オーディオカスタム - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

High Level:本物オーディオカスタム

audiovan_1.jpg

Builder: Lime

 この車は本当に音楽が鳴ります。もちろんレゴ以外の部品を使っています。今年のHot Minifig Ridesでイリーガルビルドの頂点に立った車です。



 レゴビルドの文化は純血主義な面が強く存在します。実際HMRでもその多くはレゴのパーツだけで組んだ純粋なレゴの車がエントリーしています。私たちが作り上げている4幅車文化も、純血なものが多くを占めていまるのです。しかし中には少数ですが、レゴの世界の境界を飛び越えた車も確かに存在します。例えば車体に自作のシールを貼り付けていたり、ホイールに社外品を使っていたりと、レゴだけでは不可能なカスタムを施しているケースです。純粋なレゴビルドという枠では評価されないそれらの車を私はイリーガル(違法)と呼び、そしてカーショーで「アウトロー」の称号を与えることにしました。

audiovan_2.jpg

 この車はショーの中でも特別な存在感を放っていました。それもそのはず、開いたリアゲートの中にはスピーカーが仕込まれており、イベントの間中アニソンを流していたからです。車体は5ポッチ幅のワンボックスバンになっています。このショーの中では大柄なボディといえるでしょう。この大きなボディは中にオーディオ機器を積み込むためのものになっています。フロントウィンドウの中に赤い配線が見えることからも、中身が相当詰まっていることが分かります。

audiovan_3.jpg

 ゲートの中に収められているのは、ノートパソコンから取り出したという本物のスピーカーです。ボディサイドはブラケットを使ってタイルを壁にしており、4ポッチ幅程度の室内空間を生み出しています。車体の下からはコードが延びていますが、電源は外部から取っているのでコンセントにつながっています。

audiovan_4.jpg

 屋根を開けるとパソコンから取り出してきたと思われる基盤があります。配線は電源につながっているものと、音楽プレーヤーにつながっているものがあると思われます。プレーヤーは小型のiPodを使用していました。なお、私も同じタイプのiPodを使っています。4x4サイズで小型作品にも内蔵しやすいものです。大きなボディですが、こうして見ると内側のスペースは非常に限られていることが分かります。
 HMRで用意したジ・アウトローはイリーガルビルドをしている車のためのアワードです。昨年は自作シールを貼り付けた痛車がアワードとなりました。そして今年のイリーガルビルドは大きな飛躍を遂げ、素晴らしいアイディアの車が登場しました。このバンはスピーカーの仕込み自体も素晴らしい工作でありながら、ビルドの造形面でもハイレベルだったのでアワードには申し分のない車でした。レゴだけの世界に留まらない4幅車ビルドはこれからもどんどん進化していくことでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/852-b18b5961