Lasting Legend:フォードGTの終わらない伝説 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Lasting Legend:フォードGTの終わらない伝説

gt40_1.jpg

Ford GT-40 / Builder: たむちん

 過去のヴィクトリーカーは単なる遺物でしょうか。その車は現在も生き続ける伝説かもしれません。



 2016年のルマンウィナーはポルシェでしたが、このレースの中にはもう一つ重要な勝利がありました。GTE-Proクラスの優勝となったフォードGTです。この勝利は1966年にルマンを制したフォードGT-40の50周年を祝福する最高の贈り物となったのです。レゴ・スピードチャンピオンズでもフォードを祝福するかのような製品がリリースされました。この車は公式の6幅モデルを4幅にスケールダウンしたものとなります。製作したのは今までも公式の6幅車を4幅化してきた、まさに4幅にとりつかれたビルダーです。

gt40_2.jpg

 製品版の大きなキャノピーをそのまま残したスタイルは、4幅化によりもっとコミカルなものになりました。フロント部分の組み方はオリジナルへのリスペクトを残したもので、斜めに取り付けたノーズはきれいに収まっています。ボディサイド部分はカーブスロープで、製品のシールを使っています。黒いボディにカーナンバー2が1966年のルマン優勝車の仕様となります。フェンダーのチョイスも製品版と同じですが、ホイールは元々のパールゴールドのスピードチャンピオンズホイールから、白の6スポークに変更されています。恐らくタイヤサイズが大きくなりすぎることからの、サイズダウンを図った結果と思われます。室内空間を確保するために車屋根部品を使っており、もちろん中にはドライバーが乗れるようになっています。ドライバー脇のエアインテークも、ペグ穴付きパーツを半ポッチ出すことで再現しています。

gt40_3.jpg

 ルーフからリアへ向かってのセクションはかなり狭いスペースに詰め込まれています。実車はテールが非常に短い車ですから、ディテールアップのために後ろを延ばしてしまうとかえってイメージを損ねてしまいます。リアウィンドウも、リアスポイラーも1ポッチ列のみで表現されています。テールには丸いライトの間からマフラーが出ています。マフラーは最近ではお馴染みになった、1Lのテクニックコネクタです。
 レゴで製品化された影響からか、最近GT-40への注目度は上がっているようです。4幅車での作例もイベントの後にいくつか増えました。ちなみにGT-40は高さが40インチしかないことからその名前が付けられたそうです。4幅車ビルダーには挑戦しがいのある車ですね。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/860-27a4fcc1