Eat Sleep Camp:理想のキャンピングカーで理想のライフスタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Eat Sleep Camp:理想のキャンピングカーで理想のライフスタイル

eatsleepcamp_1.jpg

Builder: BUCHI

 4幅車カルチャーの重要な一角をなすのがキャンピングカーです。ミニフィグと車の世界を形成する上では大切な要素です。



 あなたの家にはキャンピングカーがありますか?ちなみに昔の私の家には1966年型フォルクスワーゲンのキャンパーがありましたが、今はもうありません。キャンピングカーはちょっと特殊な車ですから、誰しもが身近に感じるような存在ではないかもしれません。しかしレゴの製品ラインナップには昔からキャンピングカーは繰り返し登場しています。車で国境を越えられるヨーロッパの方がキャンパー文化が強く根付いているように感じられます。最近のレゴシティでは6幅のキャンピングカーがリリースされています。この車はその4幅版といえるスタイルです。

eatsleepcamp_2.jpg

 キャブ部分は4幅に、そして架装部分は5ポッチ幅に拡大され、キャンピングカーらしい大柄な車体が表現されています。運転席に人が乗れるのはもちろんのこと、室内には2人のミニフィグが乗れるようになっているようです。ハイルーフになった上の寝台スペースにもミニフィグが横になれるのでしょうか。ボディサイドには右側に乗降のドアがあり、アメリカ製のキャンピングカーを購入したビルダーらしいこだわりが見えます。ドアの上にはテントを張るためのレールが付いているようです。白いボディには青系のツートンストライプが入っており、さりげないカラーリングながらも雰囲気抜群です。オレンジ色のライトが付いているのもアメリカっぽさを感じます。

eatsleepcamp_3.jpg

 後ろには屋根に上がるための梯子が付いています。そしてスペアタイヤが外側に付けられています。窓は全てスモークで統一され、派手ではありませんがすばらしく美しく組まれたキャンピングカーです。4幅車のスケール感に合わせたサイズ、そしてその中でのプロポーションの取り方も理想的です。
 キャンピングカーはカーショーとは縁遠い存在のようにも思えますが、場面によってはそんなこともありません。私が毎年行っているお台場のVWイベントでは、多くのキャンピング仕様の車がテントやテーブルを広げて優雅なキャンプシーンのディスプレイを行っています。今回のHot Minifig Ridesではキャンピングカーを評価するためのアワードは用意しませんでしたが、これからは必要になってくるのではないかと感じています。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/863-7c03ad64