アイスのようなホットロッドと冷めない熱意 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

アイスのようなホットロッドと冷めない熱意

icyjane_1.jpg

Icy Jane

 私はいつも何か新しいスタイルに挑戦したいと思って、レゴを続けています。まだ成し遂げていないこと、作っていない形、それを現実にしたくてしょうがないのです。



 今回のテーマはホットロッドです。もちろんホットロッドを作るのはこれが初めてではありません。しかし私は一度形にしたからといって、そのジャンルを制覇したつもりには到底なれないのです。まだ自分の想像力を使ってやれることがあるんじゃないかという思いが(まるで自分の能力に自惚れするように)積もり積もって、とうとうそれを作品という現物で証明したい衝動に駆られて、そして私の4幅車はこの世に生を受けます。ホットロッドというスタイルの中で表現可能なことは無限に広がっており、このアイスのように白いマシンもその一つなのです。

icyjane_2.jpg

 テーマの一つはマンガのようにアンバランスなバランスを表現することです。一番最初に作り始めたのは黒いエンジンで、4幅車には大きすぎるくらいのサイズで組むことにしました。それをクラシックなスタイルのボディにぶち込むことで、ファンキーな形の車にすることが目標です。前輪はフロントグリルよりも前に軸を配置し、後輪はボディに大きく食い込ませて車高を可能な限り低くしました。さらにコミカルな雰囲気を強めるためカラーリングも重要です。この車からは一切のグレーパーツを廃することにしました。エンジン部分は黒で埋め尽くし、そしてアクセントカラーとして黄色を配置しました。ホイール、ティントガラス、そしてエンジンのプーリーなんかです。ベルトには白の輪ゴムを使いました。

icyjane_3.jpg

 車体は中央で折れ曲がっており、少しヒップアップにしてあります。ボディはクーペではなくセダンをイメージし、屋根から後ろに向かってやわらかい曲線で構成し、フロントの荒々しいエンジン部分とは対照的になるようにしました。4x6の車屋根がうまくハマってくれました。ちなみに屋根パーツで車体がつながっているので、ボディ強度はちょっと弱めです。

icyjane_4.jpg

 クリップで前と後ろがつながっているのが分かるかと思います。このクリップ部分が下にでっぱるので、ボディ下のクリアランスは一見保たれているように見えますが、実際は常に地面にヒットし続けています。ミニフィグは床を抜いて低い位置に乗せています。床がない構造、そしてドライバーポジションをリアタイヤに近づけようとするとボディ前後の接続を作る余地がなくなって強度よわよわの車ができあがります。

icyjane_5.jpg

 屋根よりも高い位置に飛び出したエンジンのエアスクープがほら、エド・ロスのファンクなイラストみたいに見えてきませんか?なんていうと「まだまだ全然なってない」という尖った言葉がどこからか飛んできそうなので、大きな声ではいいません。当然ながら私も「ビッグダディ」の作品には影響を受けています。それにきっと他の色んな先輩方のアイディアを元にしています。その上であえて言わせてもらうなら、私は誰かの車のレプリカではなく、自分の車を作りたいと思っていつもレゴに取り組んでいます。そして今のところはまだ満足できていないわけですから、まだしばらくは私のレゴ遊びも終わりそうにありませんね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/873-7bbdfdb9