Heavy Duty:本格アウターロールケージトラック - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Heavy Duty:本格アウターロールケージトラック

outerframe_1.jpg

Builder: Lime

 私たちの中で今アツいのがハイリフトです。大きなタイヤ、そして露出したサスペンションで、オフロード向けに特化したマシンがショーを盛り上げます。



 シャコタン勢が進化しているのと同じように、ハイリフトも足回りの作り込みはどんどん新しくなっています。車高を上げれば、普通なら見えない車の裏側まで外から見えるようになりますから、そのディテールの作り込みまでこだわるのは本気のショーカーを作る上では必須の事項でしょう。実際今年のHot Minifig Ridesでも素晴らしい車がいくつか見られました。オフロードトラックビルドは現実のトラックシーンからの影響を強く受けて、今までになかったような車も作られるようになりました。例えばアウターロールケージを付けるなんていうアイディアは、今までにも見たことがありませんでした。

outerframe_2.jpg

 レーシングカーだと車内にロールケージを組みますが、オフロードトラックの場合は外側に付けます。これで岩場で転がったときにもボディを守ってくれるわけです。ロールケージにはバーを使用し、クリップでボディに取り付けしています。キャビン横とフロント、そして荷台から屋根へとバーを配置しています。斜めの配置がリアリティを高めてくれます。フロントバンパー部分は特にゴツくバーが組まれており、ミニフィグハンドを駆使して複雑な形状を作り出しています。ボディカラーは白をベースにドアやボンネットなどをブラック化、サイドにはレーシングカーのシールを貼ってかなりカスタムされた雰囲気です。そしてホイールはアズールのどんぶりにテクニックのギアを組み合わせたもので、足元をフレッシュに飾っています。レゴ純正のホイールの組み方よりも強い存在感を放っています。

outerframe_3.jpg

 後ろにもミニフィグハンドでピラーの支えが作られています。フェンダー部分はパネルを横向きにしてオーバーフェンダーにしています。サイドウィンドウは窓ガラスを守るグリッドが取り付けられているようです。垂直クリップが余っているのはバーを一本付け忘れのようです(最初の画像を参照)。

outerframe_4.jpg

 足元の作り込みもオフロード向けに作られていますが、この車の場合は見た目よりも実際の可動に重点を置いています。前後のタイヤはプロペラシャフト風にテクニックパーツでつながっており、車軸は左右連結で上下に動かすことができます。

outerframe_5.jpg

 さらにフロントはタイヤのステアもできるので、こんなポージングも可能です。この状態で全てのタイヤが接地しています。残念ながらショー会場はすべて平らに整地されていたので、このギミックを活かすチャンスがありませんでしたが、岩場のジオラマで遊ぶにはもってこいの仕様ですね。これからはストリートだけではなく、山もショーの舞台になりそうです。オフロードトラックはこれからも進化を続けていくジャンルになることでしょう。

関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/878-f2f86af9