第18回JAM Lゲージブロックで作る鉄道模型 - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

第18回JAM Lゲージブロックで作る鉄道模型

jam2017_1.jpg


 8月18~20日は国際鉄道模型コンベンション(JAM)でした。この巨大なレゴトレインの展示に私たちは今年も参加しました。



 JAMのLゲージ展示はいつも関山さんが中心となっています。今年も基本的な体制は変わりませんが、レゴトレインの団体としてJT-LUGが発足したので、JT-LUGのメインイベントになると思われます。私たち4WLC-UGは例年通りレイアウトに配置するレゴの車を準備しました。展示の内容としてはスペースが縮小されたことと、高速道路の設置がなくなったことで車を配置するエリアはいつもより少なくなりました。置き場が少ないことがあらかじめ分かっていたので、持って行った4幅車の数も少なめでした。

jam2017_7264.jpg
 まず最初に始まるのがレゴの設置ではなく、テーブルをクロスとカーペットで綺麗に整地することです。この作業が一番大変です。レゴを広げるまでに何時間もかかります。写真は一通りテーブルの作り込みができあがったところです。この上にトレインレールを並べますが、私はレゴトレインを全く触ったことがない人間なので、ここまでくるとメインの設営は手伝えることがなくなります。

jam2017_7274.jpg
 作業机の一角を借りて4幅車の準備を始めます。台数は70台+といったところです。今回車を提供してくれたのは、どみにくさん、jipさん、こんぽたさん、Tomさん、kkrさん、スーパーマメキノコさん、Mugenさんなどのメンバーの皆さんです。

jam2017_7276.jpg
 去年出し忘れたMugenさんの車も今年はちゃんと出しました。Mugenさんは4WLCでありながらトレイン勢でもあるので、荷物が関山さん持ちになるのです。ブライトオレンジのハスラーがフレッシュな1台です。

jam2017_7272.jpg
 今回はぜひこのデコトラをJAMに置きたかったので持ってきました。鉄道模型イベントに来る層なら絶対にヒットすると思ったからです。実際お客さんの反応を現場で見ることができました。

jam2017_7270.jpg
 今回は鉄道の方にも参入し、自動車輸送列車を走らせました。私が用意したのは上に乗っている車の方で、貨車はてりやきさんの作によるものです。7月のワンフェスの打ち上げでてりやきさんと案を練ったことが実現しました。車は全て同じ仕様で統一し、工場出荷風に見えるように狙いました。

jam2017_7279.jpg
 レゴンさんの巨大なお城がコーナーの一つを彩り、暴走族をその横に配置しました。しかし目立ちすぎたため関山さんから解散命令が出されたため、イベント当日にこの風景は見ることができませんでした。

jam2017_7362.jpg
 こちらからイベント当日です。私が行ったのは20日の最終日でした。こちらはルビーさんの街並みで、東横インがみんなの注目を集めていました。地味で素晴らしい車たちはルビーさんとBUCHIさんのものが置かれています。実に鉄道模型らしい風景です。

jam2017_7364.jpg
 こちらはSUUさんのサッカースタジアムです。丸く囲った壁はカーブしたナローレールをベースに使っています。ここにヤシの木やMinifig Ridesの看板を設置しました。

jam2017_7366.jpg
 スタジアムの正面にはTomさんのフードトラックが並びます。素晴らしい雰囲気になりました。4WLCのロゴもここに配置しました。左側に見えているカーズのマックは、子供たちの目をひきつけるために持ち込んだ製品版です。やっぱり子供たちはマックに注目しているようでした。

jam2017_7367.jpg
 スタジアムの周りが車を置くポイントの一つになりました。スーパーマメキノコさんが土曜日で撤収したので、この日の交通量は若干少なめです。

jam2017_7369.jpg
 モジュールビルの街並みにも車が並びました。スタジアムとは建物の雰囲気も樹木の種類も変わり、街並みの表情も違うように見えます。

jam2017_7370.jpg
 pgyさんの巨大な立体駅の正面は広いロータリーとなっており、ここに一番たくさん車を並べられました。街灯と建物がライトアップされ、去年よりもパワーアップしています。ホームの中も電気が点いていて走る電車も明るく見えました。

jam2017_7371.jpg
 レゴンキャッスルを中心に全体を見渡すとこんな感じです。建物は大物メインでシンプルなレイアウトで、見所がぱっと見ですぐに分かります。展示スペース縮小という逆境がありながらも、素晴らしい展示になりました。

jam2017_7372.jpg
 ちなみに暴走族はパトカーを振り切って城の裏側に逃げ込みました。ここ数年必ず族車を並べている気がしますが、Lゲージの展示は非常に日本的な面が強いのでこの手の車が情景に合うのです。展示の裏側ですが、気づく人には伝わっていたようでした。

 今年も楽しいイベントを過ごすことができました。このイベントはカーショーではありません。並べる車はショーカーではなく、日常の風景です。私たちの4幅車の活動の場として、Minifig Ridesにはない側面をカバーできる貴重な場となります。また来年も鉄道のある日常を作り上げるために参加したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/880-46764e8f