Bananas:イカれたスラムド・ピックアップ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bananas:イカれたスラムド・ピックアップ

bananasled_1.jpg

Banana Sled

 "Go Bananas"には「頭がおかしくなる」という意味があるそうです。頭がおかしいと、そう思ってしまうカスタムは世の中に色々あります。



 メーカーが作った車なんかは、そのまま乗っていれば良いものを、わざわざ改造して乗りづらくしてしまう人が後を絶えません。特にたくさんの人がやってしまうのは、スラムド(Slammed)という車高を下げる改造です。チューニングでもドレスアップでも、ローダウンはかなり基本的なモディファイの一つですが、それをスラムドと表現する場合は大抵、地面ぎりぎりまでべったりと車高を落とすことを指します。昔からスラムドが激しいのがトラックの世界です。私もそんなトラックのカスタムをレゴでやりたくて、何台も低いトラックを作ってきました。今回はそんな4幅トラックの世界に投じる新しいアイディアとなります。

bananasled_2.jpg

 窓枠またはドア枠を使うこと、それが今回の車で主なチャレンジとなりました。車をがっつりスラムドするならば、当然タイヤはフェンダーに大きく食い込ませなければなりません。しかしそこで問題になるのはボディの厚さです。今まではタイルを縦にすることで薄いフェンダーを作ったりしていましたが、それでもかなりオフセットが引っ込んでしまうのが気になっていました。今回用いる窓枠の厚さは、タイル1枚以下です。これで今までよりもかなりタイヤも外側に出すことができました。フロントには1x4x3の窓枠、そして荷台には1x4x6のドア枠を使っています。この部品を使うと、ボンネット内のスペースが広く取れるのでエンジンの作りこみもかなりやりやすくなります。今回はボンネットを取り付けずに、エンジンを見せる形で仕上げました。

bananasled_3.jpg

 荷台も壁が薄くなって、とても自然な見た目になります。ホイールベースが若干長めになってしまうので、キャビン部分は極力短く詰めました。そのおかげでハンドルは付いていません。車の方向性としては、シンプルな鮮やかさを強調するために、黄色一色にしました。それに合わせて前後の灯火もクリアイエローにしてあります。キャビン部分以外は横組みとなっています。

bananasled_4.jpg

 蛇口を使ってキャンバーをつけています。細軸ホイールは蛇口に刺してもゆるゆるですが、窓枠と挟み込む形になるので外れることはありません。この取り付け方のおかげで、地上ギリギリの車高を実現できます。

bananasled_5.jpg

 荷台の中には、タイヤが丸見えです。これこそが私がやりたかったことなので、今回の車はとても気に入っています。枠は表と裏で柱の厚さが違うので、薄い方を下にしています。荷台にするには1x4x5の方がサイズ的に適していそうですが、高さ5の窓枠は現在リリースされておらず、持っていたとしても柱の厚みが大きいので使いづらいと思われます。この他には1x4x4のドア枠もあり、白の他にいくつかカラーバリエーションがあるようです。ちなみにブリックリンクで検索する際は、サイズによって「Window Frame」と「Door Frame」に分かれているので注意が必要です。窓枠を使う都合で、四角いフォルムのトラックには使いやすいテクニックだと思います。しかし他にも色々なタイプの車に使える可能性を秘めているのではないかとも思います。早速カタログでどんな色の窓枠がセットに入っているかをチェックしてみないといけませんね。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/901-e28087cd