4幅車をネットに投稿しよう - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

4幅車をネットに投稿しよう

 今日の話題はブログをご覧になっている皆さんへのお誘いです。レゴ4幅車ブログをご覧の皆さんは自分で作品つくりを行っている人も多いのではないかと思います。情熱を注いで作ったレゴ作品ですから、人に見せたいと思うのが人情ってもんです。せっかくならネットに公開して世界中の人に見てもらうっていうのもいいでしょう。今回はそんな人たちのために、「どこ」に作品をアップすれば良いのかについて解説したいと思います。



作品をネットに上げる前に

 まずはレゴで作品を作ります。何も作っていないのに、ネットに作品を上げることはできません。そして作品ができたら写真を撮りましょう。スマホのカメラでも十分写真は撮ることができます。写真を撮ったらこれで前準備は完了です。あとは写真をどこにアップロードするかですが、ここからは私の周りの4幅車界隈というごく狭い範囲について、それぞれの投稿場所のメリットやデメリットをご紹介します。

ツイッター

 短い文章と画像を添付できるのがツイッターです。日常の生活をつぶやくのがツイッターですが、作品発表の場にしている人も珍しくありません。多くの人の目に止まれば何万回もリツイートされることもあるかもしれません。ここ数年間ほどは #4wlc タグを使って4幅車を投稿する文化が定着しています。もしアカウントを作ったばかりで誰ともつながっていなかったとしても、タグを付けて投稿すれば4幅車仲間に気づいてもらうことができます。ツイッターの良いところは気軽にアップできて、作品へのコメントも気軽に返せるところでしょう。しかしタイムラインの流れは早く、一度通り過ぎてしまえば後から見返してもらうチャンスはかなり少なくなってしまいます。自分の作品をギャラリーのように貯めていくには向いていないかもしれません。
 私もタグを使って4幅車の画像を上げていますが、あくまで宣伝活動としてのものなので、作品を正式に発表する場としては使っていません。どちらかというと、私が普段遊んでいるレゴ仲間との交流の方が重要です。 #4wlc タグのツイートは月に一度のツイッタークイーンとしてまとめ記事を作成しています。

インスタグラム

 写真投稿が前提となるのがインスタグラムです。ツイッターに続いてインスタグラムでも #4wlc タグの布教を続けてきたので、最近は4幅車の投稿も盛んになってきました。気軽にアップできるというのはツイッターと似ていますが、インスタグラムの特徴は #4wlc タグを使っているユーザーに海外勢が多いということでしょう。ツイッターの4幅車界隈がほぼ日本国内なのに対して、上がっている投稿数割合でいうとインスタグラムでは半分以上が海外勢です。ホットロッドなど日本では共感を得づらい題材でも、インスタグラムなら反応してくれる人がたくさんいます。ちなみにツイッターにもインスタグラムにも「いいね」に相当するリアクション機能がありますが、インスタグラムの方が10倍くらいはいいねが伸びる傾向にあります。
 海外でのブランディングを考えて私はインスタグラムでは英語で投稿しています。こちらも宣伝活動が主体なので、作品発表の場としては使っていません。 #4wlc タグをまとめたInstagram Picksとして毎月記事作成しています。

フリッカー

 自分の作品ギャラリーを持つならフリッカーをおすすめします。アルバム機能で作品ごとの写真をまとめたり、レゴ関連のグループに登録することで、世界中のレゴファンに作品を見てもらうことができます。ツイッターやインスタグラムなどのSNSと違って、フリッカーは写真の投稿サイト、または画像の保管庫といった具合に性格が定められます。作品発表の場としては一番お勧めです。4-Wide Lego Carsのグループがありますので、初めての人もグループに登録することでたくさんの人に見てもらうことができます。
 私も最近はサボり気味であるものの、自分の作品のギャラリーとして使っています。ツイッターやインスタグラムの投稿から作品個別の記事を書くことはありませんが、フリッカーに投稿された作品はShowcaseカテゴリーの記事として紹介させていただいています。

ブログ

 個人のブログ・ブームは去りましたが、自分自身の情報発信の場としてホームを持ちたいならブログを始めるという手もあります。私のように語りたいことでいっぱいになってしまう人には特におすすめですが、ブログの良いところは他人の投稿で自分の作品が流れることがないということです。ブログの種類はFC2、Yahoo、Seesaa、So-netなど無料サービスがいろいろありますので、人のブログを見て自分が使いたいところを決めるのが良いと思います。
 4幅車ビルダーのブログは大体把握しているので、ブログの投稿からさらにこちらで作品紹介記事にさせていただいています。ブログの記事を更新したらツイッターなどのSNSを使って宣伝するとたくさんの人の目につきやすくなります。

オフ会勝負

 ネットに作品投稿をせず、オフ会やイベントでしか人に見せないという人もいると思います。フリッカーやブログをやるのも面倒くさいし、気が向いたときにだけツイッターにレゴの写真を上げるようなタイプの人でも、オフ会でレゴ談義をするのは大好きだったりします。そういう人の作品でも、イベントのときに機会があれば撮影して紹介記事にさせていただいています。



私たちと一緒に遊びませんか?

 作品発表の場を持つということは製作へのモチベーションにもなります。他のビルダーと交流することで、自分の中にはなかった新しい発見もあることでしょう。私たちはいつでも新しい人の参入を待っています。あなたの作品が4幅車カルチャーの歴史を作るのです。

関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/907-f2912131