シャコタンデリボーイ、ギャップのインパクト - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

シャコタンデリボーイ、ギャップのインパクト

deliboy_1.jpg

Toyota Deliboy / Builder: 最澄

 格好いい車だけがカスタムの対象ではありません。なんて書くとこの車に対して失礼ですが、トヨタ・デリボーイをシャコタンにする人は珍しいと思います。



 最初から自分の思い通りの車を手に入れられることは稀です。しかし手に入れた車を少しずつ理想に近づけていくことなら誰でもできます。それがカスタムというものです。デリボーイはスポーツカーでも高級車でもない商用車であり、見た目がシュっとしているかというと、どちらかというと野暮ったいです。まあ見た目の華を求められている車ではないので当然ですが、しかしそれをカスタムして格好よくしてしまう人も世の中にはいます。普段は大人しい見た目なのに、車高を下げてみるとその厳つさのギャップに心がときめいてしまうことはよくあることなのです。

deliboy_2.jpg

 白いボディと黒いバンパーはストックをイメージしたものと思われます。ルーフキャリアや大きなサイドミラーも「付いたまま」になっており、中古で安く手に入れたベースをとりあえずローダウンさせた感じの風合いです。ボディ下側はカーブスロープとタイルで1プレート分ボディ幅が広げられています。フェンダーの内側にはタイヤが大きく食い込んでセットされ、巨体をシャコタンにする強烈なインパクトをもたらします。フロントは裏面を出したクリアの1x1プレートが特徴的です。

deliboy_3.jpg

 リアウィンドウのミラーまで再現されているところが商用車ならではの雰囲気を上げてくれます。バンパー内部のテールライトは地面すれすれの低い位置に配置され、車高を下げるためにボディをカットした形跡をうかがわせます。ちなみに窓から見える内部も、床部分がちゃんとタイル敷きになっており手抜かりなく仕上げられていました。窓の下の部分がタイルではなくスロープになっているのは、壁を薄く見せるためだと思われます。

deliboy_5.jpg

 車高の下げ方はご覧の通り、クリップのヒンジで車軸プレートを可動にしています。これで上下の車高調整が自由自在にできるようになります。

deliboy_4.jpg

 エアサスのように、走行時と駐車時で車高を変えることが可能です。というかこの車の場合車高を上げるとほぼストックと同じ状態になりますね。スワップミートエントリーを装ってイベント会場で車高を下げたらきっとみんな驚くことでしょう。人にどう思われるかをコントロールするには、ギャップのインパクトが大切です。それもシンプルな発想を形にできるテクニックがあってこそです。広がっていく4幅カスタムの可能性の一つとしてこういったアイディアも取り入れてみるのも良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/908-db9d237a