Eat, Sleep, and Drift:ドリ車ニュースタイル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Eat, Sleep, and Drift:ドリ車ニュースタイル

slipstar_1.jpg

Slip Star

 色々な車に手を出してきた私ですが、未だにドリ車への執着は捨てることができないままです。4幅ドリ車の新しいスタイルをこの手で作り出したいという構想がここに結実しました。



 映画のTOKYO DRIFTが起こしたムーブメントは過去のものとなり、ドリフトは今やアメリカのカルチャーの一つとして定着しました。スタンスなんていうものがJDM界隈を席巻する中で、本当に「ドリフト」ができる車というものもまたみんなの憧れの対象には変わりありません。こういった車は私の4幅車活動の原点であるレゴコミックのときまでさかのぼり、私のスタイルの原点とも言えます。多くの新パーツやビルテクが登場した今、今作りえる最高の形でドリ車を生み落としたいというのが、この車の基本コンセプトです。

slipstar_2.jpg

 走るからといって、格好悪くてよいわけではありません。またドリ車だから汚くてよいわけでもありません。車高が低く、見た目にも格好よくて、しかも走れるというそんなスタイルが誰からもリスペクトされるドリ車の形です。ボディスタイルは私の過去の車に似ていますが、新しく挑戦したのはサイドエアロの作り方です。今までこの手の車のサイドエアロは単純にタイルを付けていましたが、スロープにすることでよりボディと一体化する形にしてみました。ボディとの隙間に半プレート空いてしまうので、ブラケットを使ってなんとか埋めました。この車はフロントも含めて見える箇所に3種類のブラケットを使っているので、作る色はかなり制限されてきます。というわけでパーツ種類の豊富な赤を選びました。

slipstar_3.jpg

 斜めになったサイドエアロに合わせて、タイヤもキャンバー角を付けて、フェンダーアーチにフィットさせています。昔ならワイド車軸で思い切りタイヤをはみ出させていたところでしょうが、昨今の4幅車シーンでそのような荒っぽいセッティングは見るに耐えなくなりました。私が特に気に入っているのはサイドに貼ったラメ入りの星型シールです。これはレゴベルビルのセットに付属していたものを使用しているので、完全な純正ビルドとなります。ドリ車にはど派手なステッカーが付き物ですから、その雰囲気に少しでも近づけることが出来たと思います。リアウィングもあえてシンプルな形にして、典型的なドリ車の佇まいが再現されるようにしました。

slipstar_4.jpg

 ホイールはクリップを使ってセットしているので回りません。そして床は抜いてあり、ミニフィグも固定されていません。ドライバーはひじで自重を支えています。タイヤが回らなかったり、床に穴が開いていたりと、昔ならやらなかったであろう技も今では多用するようになりました。なんだかんだ言って4幅車の世界でも「走り」より見た目が重視される傾向になってきている気がします。

hachi2017_7881.jpg

 こちらは9月の八王子レゴオフにて最澄さんのドリ車と並べて撮ったものです。ぱっと見のスタイルは似ていますが、タイヤやエアロの処理、フロントやルーフの形などビルドの仕方に細かい違いがあり、全く同じにはなりません。また思い思いの形でドリ車を作ってイベントで集めたいですね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/918-8f581526