Beautiful Technique:美しい技のコンバーチブル - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Beautiful Technique:美しい技のコンバーチブル

pentaconv_1.jpg

Builder: マンティス

 イベントの楽しみは他の人の作品とコラボするところにあります。この車もそんなイベントならではの共演となりました。



 彼は今までにもこのブログに登場してきたビルダーではありますが、彼が「4幅車者」であるかというと、否であるといえるでしょう。彼が作るレゴの作品はいつもユーモアや驚きに満ちています。どんなビルダーでもその作品の個性は人それぞれですが、彼の個性は他よりも一層突出したものであるように感じます。とにかくひねくれていて、どんな言葉も回りくどくて的確であり、彼の作品もまさにそんな感じです。この車は大きなイベントの中では見逃してしまいそうな小さくてシンプルな1台ですが、その中にはみんなにも参考にしてほしい美しいテクニックがつまっています。

pentaconv_2.jpg

 確かによく見てみると、ボディを構成するパーツは、あまり正攻法で組まれているとはいえません。フロントバンパー部分は斜めに固定されていますし、フロントタイヤの上にはタイルが逆さまに差し込まれています。なぜタイルをわざわざ逆さまにしているかというと、裏面にクリップの突起を組み合わせて固定しているからだそうで、つまり傾けてもパーツが抜け落ちないようになっているようです。クラシックな顔つきにしているヘッドライトからのラインは丸パーツを使っており、その丸み出しにはテクニックのコネクタが使われています。コネクタの根元はサイドミラーを固定するクリップまでつながっています。このヘッドライト周りがどうやってボディと接続されているのか一見すると不可解ですが、ボンネット上に2つ並んだ1x2タイルの下が丸クリップ(ランプホルダー)になっていると思われます。かなり奇怪なパーツの組み合わせですが、なめらかに落ちていくフロントのラインなどは、普通の組み方では出せない美しさがあります。

pentaconv_3.jpg

 この車の雰囲気を形成するポイントの一つはフロントウィンドウでしょう。4幅車によく使う風防パーツを使わずに、窓枠にはめるためのガラス部分だけを使っています。ただし窓ガラス単品では接続のしようがないので、輪ゴムを巻いてそれをとっかかりにクリップで固定するという技を使っています。幅の狭いウィンドウにすることで車のフォルムが崩れませんし、サイドの回り込みがないのでクラシックなイメージに近づきます。リアにはバンパーの下から細身のマフラーが見えます。ミニフィグの手を外してマフラーに見立てています。リアデッキ上にスリットが開いており、この車はきっとリアエンジンなのでしょう。
 ちなみにボディサイドにレゴネックスナイツの無地の盾がこれみよがしに使われているのは、新しいパーツを使ってみたかった欲がありありと感じられます。私もこの車を見たとき、一番初めにこのパーツが目に付きました。無地になっても形にクセがあり、他のパーツとなじませるのは難しいパーツだと思いました。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/919-648db467