Wide and Dark Gray:ワイドボディランボルギーニ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Wide and Dark Gray:ワイドボディランボルギーニ

widelambo_1.jpg

Builder: 最澄

 今現在4幅車ビルドの世界でトレンドとなっているレールプレートとワイドボディ、その先駆的ビルダーからの新たな1台が登場しました。



 4ポッチ幅のボディにさらに幅広のフェンダーを付けるのがワイドボディの一般的な姿です。4幅車という言葉からすれば矛盾を抱える存在ですが、カーガイである4幅車ビルダーが現実と同じようにこのような改造に走るのは自然なことでしょう。このビルダーは早くから現実のシーンを取り入れたワイドボディマシンを作っていました。そのスタイルはインスタグラムを通じて世界に拡散され、今や多くのビルダーが真似してカスタムカーを作っています。彼の新作はレールプレートを使ったビルコン向けのマシンですが、これは最終的にボツにされたものだそうです。十分ハイクオリティな車ですが、彼がビルコンに出したのはさらにチャレンジな組み方のものだったので、挑戦することを取ったと思われます。

widelambo_2.jpg

 モチーフはランボルギーニとのことで、以前フェラーリのリバティウォーク仕様を作っていましたが、こちらはそれと対になる車のようです。フロントフェンダーはレールプレートとタイルによるオーバーフェンダーで、お手本のような組み方です。レールプレートの突起は1プレートと同じなので、横に貼り付けたタイルと同じ幅になります。リアは半ポッチずらすことで、0.5ポッチ分ワイドにしています。フロントよりもリアが少しだけ幅広になる設計も色々な車に応用が利きそうです。サイドエアロはアグレッシブな形状を現す、ラインが整わないパーツの合わせ方があえてされています。

widelambo_3.jpg

 テールライト部分は4ポッチ幅に収められ、フェンダーのワイド感を強めています。リアウィングはクリップバーに穴あき丸ポッチを使っての固定です。ダークグレーのボディに、ゴールドのレーサー5スポークがこの車の一番のポイントでしょうか。色味のないボディに、赤いダッシュボードが鮮烈です。

widelambo_4.jpg

 裏面を見ると割り切った床抜きで、ミニフィグも固定されていないのが分かります。サイドエアロは2幅ブラケットで、車軸はひっくり返しています。ハーフペグで取り付けた車軸をグリップハンドルプレートで固定しているようです。持ち上げたときにタイヤのストロークが伸びてしまったら格好悪いですからね。さすが細かいところまでこだわり抜いています。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/921-476be198