黒に身を包んだプロストリートマッスルカー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

黒に身を包んだプロストリートマッスルカー

prostreet_1.jpg

Builder: 最澄

 これからの4幅車シーンで「来る」のはマッスルカーであると思います。そうであってほしいという私の願望も含みます。この車を見てそんな風に考えてしまいました。



 クラシックなマッスルカーをベースにしたプロストリート仕様ということで、この車はそんな雰囲気をみごとに捉えた1台です。プロストリートというとドラッグレースがイメージされますが、NHRAが規定するクラスにプロストリートという名前はありません。プロストリートとはその名の通りにストリートカーであり、ドラッグレーサーを真似したカスタムジャンルなのです。

prostreet_2.jpg

 色は黒が選ばれており、ストリートカーらしい飾り気のない本気のレーサーらしいルックスとなっています。マッスルカー的なボディビルドは、サイドにタイルとカーブスロープを貼り付けることでボリュームを出し、ボディサイドの丸みも表現しています。緩い傾斜のスロープをCピラーに置くことで、マッスルカーなスタイルになっています。ボンネットにはスーパーチャージャーはなく、カウルインダクションフードの盛り上がりが表現されています。プロストリートはドラッグレースのプロストック仕様をベースにするものなので、このディテール再現はかなり現実に正確だと思います。車高はかなり低く、フロントもリアもタイヤはフェンダーの内側にかなり食い込む形でセットされています。

prostreet_3.jpg

 なめらかで大きいヒップラインは、カーブで美しく組み上げられています。リアタイヤのセッティングはこの車の中でも最もこだわって作られたであろうポイントです。ホイールにはスピードチャンピオンズのホイールキャップを裏返して使われています。

prostreet_4.jpg

 タイヤの幅は1ポッチを超えるため、トレッド幅は約1ポッチほどにナロードされています。プロストリート仕様であればナロード化は是非とも取り入れたい要素の一つでしょう。貧弱なフロントタイヤに対するリアタイヤの迫力も増します。
 今年のHot Minifig Ridesではマッスルカーのエントリーは少数でしたが、早くも来年に向けてマッスルカーの盛り上がりが期待できる気がします。私もそろそろマッスルな新作を作りたくなってきました。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/922-28a2aee8