Classic Style:白いクーペでドライブ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Classic Style:白いクーペでドライブ

classicstyle_1.jpg

Builder: とにー

 このビルダーが作るクラシックカーはもういくつか紹介してきましたが、こちらのクーペは白色が特にエレガントに見える1台です。



 レゴで車を作るにしろ電車を作るにしろ、または飛行機を作るにしろ使うのはレゴのパーツに変わりありません。しかし組まれた作品の中にはその分野ごとの特有の形式みたいなものがあります。磯子フェスの展示で彼はミリタリー物と4幅車の両方の作品の展開をしていたので、私が梱包の中でバラバラになった彼の4幅車の組み立てを手伝いました。自慢じゃありませんが、私は人が作ったものでも大抵自力で修復することができます。ただし4幅車限定です。ツイッターなんかで事前にその作品を見ているというのもありますが、誰が作る4幅車でもだいたい似通った何かがあります。それはミニフィグを乗せるであろうスペースを作ったり、タイヤを取り付けたり、ライトを付けたりと、「こうあるべき」というものを考えると上手く組めることが多いです。イベントに展示しているビルダーの皆さんが理に適った組み方をする素晴らしい方たちだからというのも大きな理由でしょう。ただしやっぱりそれは自分がその「理」を理解している分野だけの話で、たまにトレインの修復作業を頼まれたりすると全くもって想像がつかずに困ってしまいます。
 ここで単独のフォトシュートに選んだ車も私がバラバラの車体を組み立て直したものです。

classicstyle_2.jpg

 彼の他のクラシックカーと組み方のテクニックはおおよそ共通しています。リアにシティフェンダー、フロントはクリップ固定の独立したフェンダーを組み、ウェッジで細長いボンネットを作っています。この車で特に技ありなポイントは、フロントフェンダーの作り方でしょう。プレートを裏返して小さいスロープを付けることで、ボリュームを出しています。他の車とは違うこの車の特徴は一人乗りになっていて、小さなルーフのクーペとしてまとまっていることでしょう。傾斜したフロントグリルが30年代後半風です。フロントガラスは今となっては貴重な旧ヒンジのあおり窓で、こちらも思い切り寝かせていますが、本当の組み方はもう少し垂直にした状態(?)だったようです。

classicstyle_3.jpg

 ルーフからリアとランクへとラインはゆっくりと下りていきます。スペアタイヤはコンパクトなクーペらしく後ろに一つだけです。リアバンパーにはお金タイルでナンバープレートが付きます。後ろからフロントノーズまで眺めてみると、どこから見てもプロポーションよく組まれていると思います。

classicstyle_4.jpg

 クリップを作ったドアは後ろヒンジとなっています。2箇所別々の方向から出たクリップでしっかりと固定されています。ここで驚くのはちゃんとイスの部品を使用しており、座る位置もすごく高いということです。フィグ乗り4幅車を作る上ではフィグの座高の高さが常に問題であり、大抵は床1プレートの厚みに抑えるか、さらに床を抜いて座高を低くします。この車は床3プレート(=1ブロック)あるわけですからかなり座る位置が高くなっています。それでもミニフィグがカツラ付きで収まっているのは、車自体のサイズが厚み的に大きいからでしょう。実際この年代の車は今から見ると結構大きいですから、これくらいの余裕のある設計でも問題ないわけですね。
 ちょっと気が早い話ですが、来年のジャパンブリックフェストではとにーさんの作品をメインにMinifig Ridesの展示の拡大を予定しています。とにーさんが作り出す4幅車の世界を見るために、来年の予定をJBFのために空けておいてください。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/928-a90c0e40