Bad Culture:違法ミリタリールック・ジープロッド - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Bad Culture:違法ミリタリールック・ジープロッド

militaryjeeprod_1.jpg

Builder: 最澄

 文化に良し悪しはあります。いくらなんでもやって良いことと悪いことは当然あるでしょう。ではこの車はその一線を越えたといえるでしょうか。



 レゴ互換の社外ブロックの存在は私たちの間でも度々話題に上がります。レゴ社に訴えられて潰されるメーカーも少なくありません。そんなグレーな存在の社外ブロックはほとんどの場合、生粋のレゴラーからは嘲笑の対象でしかありません。そんな社外ブロックを積極的に取り入れようという動きは今のところ小さなものに留まっています。
 このビルダーは台湾への修学旅行という機会を利用し、現地のブロック玩具を入手することに成功しました。私もいくつかお土産としていただきましたが、レゴ互換であるだけではなく、レゴの製品アイディアまでも真似したいわゆる「コピー品」と呼ぶに相応しい代物でした。当然パーツの品質はレゴよりも劣ります。しかしその中にはレゴ純正パーツだけでは表現しきれないものも確かに隠れているのです。

militaryjeeprod_2.jpg

 ミリタリーなカラーのジープのホットロッドは、純然たるレゴ作品だと言ってしまえば、目の肥えたレゴビルダーでも騙し通せてしまうかもしれません。乗っているミニフィグ、タイヤやホイール、クリアパーツなどにはレゴ純正品が使われています。これらのパーツは純正とそうでないものでは品質の差が表れやすい部分ですから、見た目のバチモン臭さをかなり消してくれます。それではどこに社外品が使われているのかというと、ボディに使われているミリタリーなグリーンのパーツが全て台湾製となります。この色はレゴのダークグリーンやオリーブグリーンとは異なる色合いで、まさに軍隊のジープに使いたい色です。フロントグリルにも社外品が使われていることを除けば、エンジンなどもレゴで組まれています。レゴ作品としてはかなり大胆なイリーガルビルドですが、社外品の使い分けはかなり明確に考えられた確信犯的な1台です。

militaryjeeprod_3.jpg

 サイドの文字やリアバンパーのシールなども当然社外品ならではのものです。ちなみに元々も軍用オフロードカーのセットでしたが、この車自体は完全にビルダーの手によって組み直された形になっています。ボディカラーはよくよく見れば、質感の悪いツヤであることが分かるでしょうか。少しラフな雰囲気が車のコンセプトにもマッチしている気がします。
 イリーガルビルドな4幅車を紹介する機会はここ最近ますます増えてきました。これは確かにレゴとしてはバッドな文化かもしれませんが、その一方で最高にクールなアイディアを含んだ遊びとも言えます。今後も激ヤバな車を見つけたら紹介したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/936-e3ea46c3