Hot Banana:バナナ色のファンキーなやつ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. ヨンハバシャコタンヤクザ. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Hot Banana:バナナ色のファンキーなやつ

hotbanana_1.jpg

Builder: シゲ

 ホットロッドの本質は実にシンプルです。エンジンがあり、タイヤがあり、運転席があり、たったそれだけでできています。



 ホットロッドというとフェンダーをつけなくても成立するという大きなメリットがありますので、4幅車のホットロッドは非常に自由で楽しいです。実際このビルダーは過去にも自由な発想のカスタムな車をいくつも送り出してきました。レゴであるからにはメカもエンジンも、全てはそれらしい「何か」であれば問題ありません。問題になるのは出来上がったときにそれがクールに見えるかどうかということです。

hotbanana_2.jpg

 この車の主なアイディアの根源となっているのはエンジンの基礎として使われているパーツです。金属探知機は通常なら黒やグレーでリリースされるタイプの部品ですが、この緑色も過去においてわずかに使われたことがあります。そのパーツを目ざとく見つけ出し、ホットロッドのディテールに使えると踏んで形にしてしまったのはまさに発想の勝利といえるでしょう。バー部分とポッチの接続が斜めになっているところも、この車のスタイルにマッチしているのではないでしょうか。黄色いボディに緑色のメカ、そして合わせてグリーンティントになったフロントガラスなど、鮮やかなカラーリングが強烈な存在感となっています。ホイールはもちろんのこと、フロントの車軸まで黄色にされている徹底ぶりで、本格的に仕上げられたショーカーの風格が漂います。

hotbanana_3.jpg

 急角度を付けられたキャビン周りがかなりファンキーな具合にハマっています。サイドには隙間隠しでウェッジプレートが配置され、斜め組みを自然に見せつつ、大胆な斜めのラインを追加しています。ルーフには新型の4x6屋根が使われています。タイヤはフロントが通常のナロータイヤ、リアは旧タイプのタイヤを2x2ディッシュをホイールに組み合わせて、凹凸のないクリーンな見た目です。

hotbanana_4.jpg

 円形の部分から棒が伸びて、車軸が刺さっている部分までが金属探知機です。かなりスカスカなのでマフラーを付けてはどうかと提案してみましたが、彼いわく緑色の部品だけで組もうとすると使える部品の制約が大きく、ここから先に発展させるのが難しいとのことでした。確かに緑色はバーもクリップもかなり限られていますからね。しかしこの車は今後の進化に期待が持てる1台です。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/955-0b9bf877