180 Rat:180SXのラフスケッチ - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
1

180 Rat:180SXのラフスケッチ

180rat_1.jpg

180SX / Builder: さくりん

 2018年も4幅のシャコタン文化が盛り上がっていくことを期待しています。今年も低さを追求するシャコタンヤクザな皆さんにこちらの1台を紹介します。



 180SXとはシルビアとベースを共有する国産スポーツカーです。定番のドリフトや各種チューニング、そして昨今のスタンスシーンでも人気の高い車種であり、国内外を問わず様々なカスタムが行われています。そのため4幅車界隈においても180SXをモデルにした車は多数作られています。この車はそんな中の一つの例ですが、他の多くの4幅180SXとは異なった特徴を持っているようです。

180rat_2.jpg

 一目見てこの車にはホットロッド業界で使われる「ラット」という言葉がぴったりだと思いました。色の揃っていないボディは完成されたショーカーというよりも、常に変わり続けるカーライフの一瞬を表現しているようにも見えます。前後で色の違うホイールを使っているところも、日常のアシとして使っている雰囲気が出ています。シティフェンダーを使っているのは4幅180SXとしては珍しい例です。よく見るとフロントフェンダーはグレーではなくフラットシルバーが使われており、ホイールと合わせて色の継ぎ接ぎ感を出しています。フロントノーズ部分は新型の切り欠きスロープを配置し、フロントスポイラーには1x1の1/4円タイルが使われていたりと新しいパーツを貪欲に使用しています。グレーのドアは近年のリリースがあるものの、入手難易度が高いパーツです。グレーもダークグレーもドアパーツの供給は薄いのが現状です。

180rat_3.jpg

 ルーフからリアにかけては風防ではなく、パーツでピラーが組まれています。斜めのCピラーと垂直になったBピラーのつなぎが、他ではなかなか見られないアイディアです。ルーフは車屋根ではなくミニフィグ台座を使っており、直線的なラインがきれいにつながっています。その代わりに室内スペースは狭くなってしまったようで、ドライバーはかなり仰向けになって乗っています。リアウィンドウはクリップ付き2x3タイルとなっています。
 さて今回はこんな180SXの表現もありますということを紹介しました。180SXは現実にカスタムのお手本がたくさんありますから、ぜひとも自分の理想の形をレゴで作ってみてください。少年少女の皆さんはあまりにも過激な仕様の車を作って両親を心配させないようにご注意を。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

1 Comments

さくりん says..."紹介どうもです!"
紹介どうもです!
リアのつなぎ方はちょっとした発明でした(笑
180sxは4幅の題材としても人気なので、各自のこだわりが見れていいですよねー。
2018.01.27 10:34 | URL | #r7N8BxRw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/956-a73da7d9