Eldorado:黄金のキャデラックローライダー - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Eldorado:黄金のキャデラックローライダー

59eldorado_1.jpg

1959 Cadillac Eldorado / Builder: ムラにゃす

 お待たせしました!こうして4幅の新しいローライダーをご紹介できることを嬉しく思います。ベースは最高の車、1959年のキャデラックです。



 1959年型の形はキャデラックというブランドからイメージされうる最高の形を成している年式であり、一つの黄金期と言えます。というのはあくまで私の個人的な意見ですが、59年型の形が「マジでヤバい」くらいに格好いいのは多くの方が賛同するのではないでしょうか。なぜこれが58年や60年ではダメなのかというと、この時代のアメリカの自動車はどこも景気がよく、基本的に毎年ボディデザインが変更されていました。そのためこの前後の年式ではどちらも違う形になってしまうのですね。59年型は59年型だけの特別なキャデラックなのです。

59eldorado_2.jpg

 そのキャデラックをローライダーとして表したのがこちらの車です。平たく長く伸びたボディがアメリカンな雰囲気バリバリって感じで魅力的です。ボディサイドは定番のタイル張りとなっています。ミニフィグを乗せるにはボディの高さがかなり足りませんが、そこはコンバーチブルになっていることで難なくフィグ乗りに対応しています。フロントは双眼鏡のヘッドライトに、丸クリップでバンパーの大きな飾りも表現しています。フロントグリルはシルバーの丸ポッチを配置し、真ん中の横ラインが入ることで59年のグリルの特徴を再現しています。

59eldorado_3.jpg

 リアデッキも非常に長く取られており、またタイルで綺麗に整地されていて美しいルックスです。ウェッジプレートのテールフィンから先端にはテールライトが付きます。リアのボディ幅はかなり広がっていますが、車がキャデラックということで説得力のあるワイド感があります。

59eldorado_4.jpg

 ハイドロの仕組みはクリップによるヒンジで、前後共に動かせるようになっています。ちなみにホイールとタイヤはオフブランドの社外品を使っています。かなり限られたパーツ環境でビルドされていることがうかがえますが、ビルダーのセンスによって車の魅力は最大限に磨かれているといっていいでしょう。
 キャデラックというとローライダーの定番ベースですが、現実には80年代以降の世代が多いイメージがあります。50年代のモデルはアメリカでも高値の花でしょうからそう簡単には手を出せないのかもしれませんね。やっぱりこういう車はレゴで作るに限ります。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/961-e61d3b8c