Walkthrough the Gap:段差をスルーできないウォークスルーバン - 4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

4-Wide Lego Cars Blog - レゴ4幅車ブログ

I said Legal Lol. Rail Plate Runner. Welcome to Minifig Rides car show. This is how we build....4WLC!
0

Walkthrough the Gap:段差をスルーできないウォークスルーバン

walkthroughvan_1.jpg

Mira Walkthrough Van / Builder: シゲ

 車遊びの世界にはボーダーはありません。どんな車でどんなことをするのもあなたの自由です。例えばこのウォークスルーバンのように。



 車というのはだいたいどんな車種であっても、とりあえずローダウンすれば格好よくなります。元から格好いいスポーツカーなどをローダウンするのもいいですが、一見色気のない商用バンを下げてみるのも面白い遊びだと思います。このビルダーは何を考えたのか、ミラウォークスルーバンバンを地面まで下げてしまいました。

walkthroughvan_2.jpg

 四角いバンのボディに軽自動車の顔面がくっついているのがウォークスルーバンの特徴です。ルーフの高いデザインは4幅車として表すには相性のいいスタイルといえるでしょう。フロントウィンドウの枠に使われているのは、低年齢向けの基本セットでよく使われる斜めの窓枠です。大柄であるためにあまり個人作品で登場する機会はありませんが、彼は通常4幅車で使われる風防よりも1ブロック分高さを稼げることに着目したようです。窓ガラスはありませんが、この車にピッタリのフロントが出来上がりました。ヘッドライトには1x1のカマボコタイルが使われています。まだ色違いが少ないパーツですが、今後クリア系カラーの展開に期待が持たれるパーツです。

walkthroughvan_3.jpg

 こちらから見たディテールがこの車の大きな魅力です。路線バスのような縦長のドアは左サイドのみに備わります。プレートにスモークのタイルを貼り付けてそのドアが表現されています。下部に小窓が作られているところまで細かく再現されていますね。そしてテールゲート部分の3つに分割された窓の表現がすばらしいです。プレートを横組みで再現されたテールゲートは、他の部分との整合性もばっちりで隙間のないきれいなビルドです。

walkthroughvan_4.jpg

 足回りの組み方は4幅車ビルダーにはおなじみの蛇口です。ただしホイールのパーツにこだわりがあります。ライム色の穴あき丸ポッチに見えるパーツは、スカラやベルビルで使用されていたちょっと珍しい花びら型のパーツです。布の穴に通して固定するためのパーツのようです。このようにタイヤをはめることも可能であるためホイールとして使ったとのことです。1x1丸ポッチを2個重ねるのと何が違うのかと聞いてみたところ、特に違いはないらしいので、今後穴あき丸ポッチのカラバリが増えれば全く同じことができそうです。

walkthroughvan_5.jpg

 フロントの窓枠はベース部分が2x4のスペースを取るため、ハンドルを付けるスペースはなかったようです。撮影場所の背景はkimronさん作の自動車ディーラーですが、パーツの納品の割には車高が低すぎて中に入れそうにありませんね。
関連記事
スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://4widelegocars.blog.fc2.com/tb.php/966-d2a50354